【日本海外事例集】SoftBankとVayyar IoTユースケースに3Dイメージングの応用

SoftBankは、センサメーカーのVayyar Imagingと協力して、IoTの新技術を開発しました。

日本の大手企業SoftBankは、Vayyar Imagingと提携しました。これにより独自の人工知能AI)の専門知識を、電波3Dイメージング技術を専門とする新しいパートナーのセンサーと組み合わせることができます。

この提供により、日本の人口の3分の1が60歳以上という大きな問題である、高齢者ケアや公共交通機関、建設、などの日本の顧客のためのソリューションを提供することを計画しています。

Vayyarはさらに先を見据えている。

2011年に設立されたイスラエルに本拠を置くVayyarは、電波を使うことで人間の組織や多くの人工表面を「見る」ことのできる3Dイメージングセンサーの開発、販売をしています。

両社は、Vayyarのセンサの機能をAIと統合することにより、
「より安全でエネルギー効率が高く、多くの人を扱うことができる建物やインフラストラクチャーを構築する」
ことができると考えています。

SoftBankとVayyarが協力し一緒に答えを出そうとしている課題はパブリックエリア向けの安全ソリューションの計画です。例えば、人の流れを分析して輸送の最適化や、建設中、建設後問わず、リアルタイムな建物の監視などです。

「Vayyarは、電波3Dイメージングの世界的リーダーであり、協力し日本市場にて展開ができる事を嬉しく思っています。センサー技術とお客様のニーズとの間に大きな相乗効果が見られます。」

とSoftBankのスマートIoTデビジョン担当副社長廣田丹波氏は述べています。

12月初めにSoftBankはまたIoT / AIパートナーシップを発表しました。このパートナーもまた、イスラエルの新興企業の3Dイメージとコンピュータビジョンプロセッサの開発者です。
この取り引きの目的の多くは、Vayyarとの提携の目的とよく似ているように見えます。交通や人の流れによる分析、建物構造の変位や経年変化の検出などがその狙いです。

原文はこちら: SoftBank and Vayyar to apply 3D imaging to IoT use cases