【動画】薬の冷却の為のIBMブロックチェーンとSAP IoTソリューション

医薬品は常に規定内の温度で保たれている必要があります。工場から病院に運ばれる際に、IBMブロックチェーンSAP IoTソリューションの融合によって温度の管理をより徹底する事が可能になりました。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

多くの医薬品は温度の管理がされた状態で輸送される必要があります。

製品の有効性と法令遵守の為には、データが必要になってきます。データは今の時代では、非常に細かく分類化されています。

多くの製薬会社は、薬が届けられてしばらくたってからデータをコンパイルしています。

IBMは、SAP Leonardo IoTプラットフォームとIBMのブロックチェーン技術を組み合わせて、サプライチェーンを作成しました。

データはリアルタイムで収集され、事態が悪化した場合、迅速に措置を行えるようになっています。

一度データがブロックチェーンに入れば、データは変えることが不可能になります。それにより企業コンプライアンスを守ることが出来ます。

コールドチェーンデータは、出荷時に医療現場までのデータを作成します。

ブロックチェーンはアプリケーションの中でも最上位の層となっています。このデモでは、ブロックチェーンとSAPがどのように連携してビジネスの価値を提供するかを示しています。

まず最初に、製造元のSAPシステムによって受注が作成され、病院によって注文が行われた事が表示されます。

今回は、配送を試してみます。
受注情報には、医薬品の種類や数量、価格などが表示されています。

これらの情報はブロックチェーンに送信され、注文された品物の追跡が可能になります。

次に、コールドチェーンダッシュボードを見てみましょう。
ブロックチェーンはスマートコントラクトを使用して、合意されたブロックチェーンのすべての関係者にビジネスルールを設けます。

例えば、ビジネスルールとして配送される製品の温度が46度を超えた場合は、検査の為に製造元に返却する必要があります。

ブロックチェーンには、それぞれにIDが付与され、そのIDによって、製品の数量、消費期限などを確認することができます。

温度センサーは包装パッケージの中に搭載されており、データを局地的に記憶し、SAP IoTプラットフォームを介してプライベートブロックチェーンに送信されます。

出荷中に飛行機からトラックへと輸送方法が変わる時に、所有者は原則として規定以下の温度が保たれるようにしなければいけません。

配送先(病院)に配送物が届けられた時に、今までの情報が全て表示され、安全である事が確認されます。この時に、ビジネスルールに反していないか、などをSAP IoTプラットフォームを介して確認する事が可能です。

もし、規定の温度を上回ってしまっていた場合、ブロックチェーンは上回った最高温度を明確に記録します。

取引履歴はさらに細かく表示する事が可能です。いつ規定の温度が上回ったのかなど、細部に渡り表示をする事が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
ワイヤレスインフラストラクチャの進化:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 世界のIoTに関するレポート公開中