JinkoSolar単結晶PERC太陽電池効率23.45%の検証

JinkoSolar Holding Co., Ltd. (NYSE: JKS)(「JinkoSolar」、または「同社」)は、太陽光発電(PV)業界の世界的リーダーであり、今日、上海で開かれた第19回中国国際産業フェア(CIIF)に出席しました。JinkoSolarは、世界最大のソーラーモジュールメーカーとして、MESシステム、スマートデバイス、設備監視、スマートファクトリー、ロボットワークステーション、品質トレーサビリティ機能などの一連の「インテリジェントな製造」イノベーションを展示しました。JinkoSolarはCIIFにおいて、P型単結晶PERC太陽電池効率の世界記録を23.45%達成したと発表しました。この記録は、中国科学アカデミーの太陽光発電システムと風力発電システム品質試験センターによって独立して確認されました。この新しい功績は、P型単結晶PERC太陽電池の効率を改善しました。JinkoSolarは世界記録を22.78%更新しました。これまでのJinkoSolarの成功は、同社のさらなる利点を追求することを止めていません。

インダストリー 4.0と「メイドインチャイナ 2025」の原則に従って、JinkoSolarはIoTデバイス、インテリジェントモバイルデバイス、モバイルロボットなどの最先端技術を製造プロセスに適用しました。この革新的なアプリケーションにより、JinkoSolarはデータ収集を統合し、歩留まりトレーサビリティを可能にし、ワークフローの効率を高め、材料輸送を最適化し、最終的にファブの運用効率を継続的に向上させることができます。JinkoSolarはさらに高度なデータ分析、スマートな診断、自己報告、正確な予測、操作ノウハウなどの機能を統合しています。この統合により、JinkoSolarのファブオペレーションは、「自動化」から「インテリジェント」に革新され、効率、柔軟性、品質を向上させ、コスト効率を最大化し、全体的なイノベーションを加速することができました。

機敏でインテリジェントな操作で、JinkoSolarは優れた製造能力を追求しています。同社の洗練されたアジャイル・オペレーション・システムは、需要と供給の統合、リーン・プロダクション、ロット・ディスパッチング、およびスケジューリングを統合しているため、サイクルタイムが短く、製造が安定しています。

「今年だけで、セルとモジュールの効率を持つ5つの世界記録を更新したため、JinkoSolarによる世界記録は何度も更新されました。今やインテリジェントな製造の助けを借りて、これらの世界記録の研究を大量生産に変えることは間違いありません。それは、大きな市場飛躍を間違いなくつくるでしょう。」

と、JinkoSolarのKinkping Chen CEOはコメントし、次のようにも言っています。

「世界最大の太陽光発電会社JinkoSolarが物理的な生産プロセスと製品をマスターしましたが、JinkoSolarは独自のデジタル化戦略の開発と導入に成功し、先駆的な存在になりました。JinkoSolarは生産フローをさらに改善します。柔軟な技術ノウハウ、製造能力、顧客ロイヤリティは、JinkoSolarの現在の成功の基盤です。データ駆動型の革新は、将来の成功のための基礎となります。」

投資家やメディアに関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

Mr. Sebastian Liu
JinkoSolar Holding Co., Ltd.
Tel: +86 21-5183-3056
メールアドレス: pr@jinkosolar.com
元のコンテンツの表示:http://www.prnewswire.com/news-releases/jinkosolars-monocrystalline-perc-solar-cell-efficiency-of-2345-verified-300551621.html
情報源 JinkoSolar Holding Co., Ltd.

原文はこちら: JinkoSolar’s Monocrystalline PERC Solar Cell Efficiency of 23.45% Verified