【ソフトウェアDB集】C3 Energy Management

C3 Energy Managementとは?

C3 Energy Managementは、AI /機械学習を活用しエネルギーを節約できる機会を特定し、リアルタイムの情報を自動的に取得することで大規模な商工業の顧客がエネルギーコストを削減するのを支援します。
アプリケーションのAI /機械学習アルゴリズムは、エネルギー消費データ、建物操作データ、センサデータ、天気予報などの複数のタイプのデータを分析し、エネルギー使用量とコスト、需要のピーク、異常な活動、およびその他のコスト削減の機会を予測します。

C3エネルギーマネジメントのAI /機械学習アルゴリズムは動的であり、変化する建物操作に継続的に適応するように時間をかけて学習します。このアプリケーションにより、施設運営者は、従来の調査分析やルールベースのアラートから、積極的で自動化された建物管理が可能となります。

機能性および効果

C3 IoTアプリケーションの主な機能は以下の通りです。

  • AI /機械学習アルゴリズムによる使用量と請求量の予測
  • ノーマル検出機能を使用して、正常な動作バリエーションを自動的に検出
  • エネルギー節約の機会を知らせる、リアルタイムの予測アラート
  • ポートフォリオベンチマーキング、ビルディングおよびポートフォリオデータの可視化、エネルギー最終用途の分解などのエネルギー分析ツール
  • エネルギー効率測定の作成、優先順位付け、実装、検証を可能にするProject Analyzer
  • 各施設の詳細、建物のタイプ、総床面積、省エネ対策を含む施設マネージャー
  • さまざまな業績指標に基づいて、業界標準との比較、または施設との比較

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 C3 IoT
ソフトウェアカテゴリ IoTアプリケーション
ライセンスタイプ インストール
ローンチ 2014年1月
最後のアップデート 2014年1月
ウェブサイト http://c3iot.com/products/c3-iot-applications/?box=c3-energy
関連する動画

導入事例

  • Baltimore Gas and Electric Company (BGE) :BGEは、サービス領域内の200万のセンサとデバイスすべてにC3 IoTアプリケーションを導入しました。 また、BGEは、高度な計測インフラストラクチャ(AMI)ネットワークとC3 Revenue Protectionの展開と継続的な健全性を最適化するためのC3 AMIオペレーションを導入し、未請求エネルギー使用量を特定および削減しました。
  • Pella Corporation: Pellaは、製造工場の10のエネルギーコストを16%削減し、C3 IoTアプリケーションで230%の投資収益率(ROI)を達成しました。 C3 IoTは、Pellaが製造の持続可能性とエネルギー効率の目標を達成するための不可欠なパートナーであり続けています。

情報の更新: 2018年04月16日現在