【動画】Fog Computing(フォグコンピューティング)によるIoTの保護

フォグコンピューティングがどのようにサイバー攻撃を防ぐか、4分間のビデオでご紹介します。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

今、社会ではデジタル化が進んでいます。
サイバーセキュリティ対策はビジネス、政府、そして一般家庭において懸念されている問題です。

何千何億ものデバイスがネットに接続される事により、ハッカーは新しいハッキングの方法を発見し、ますます洗練された攻撃になっているため、攻撃の検出、システムの保護が困難になってきます。

ハッカーは社会全体に大きな影響を与えています。
ハッカーが与える影響は、工場、公共交通機関やその他の社会基盤施設に影響を与えます。

フォグコンピューティングIoT5GAIのようなシステムを守るためのソリューションを提供します。

フォグコンピューティングは、クラウドとデバイス間での接続により、システムの安全を確保しています。

システム内では、システムの制御、データの貯蓄、通信を行っています。
フォグのセキュリティは、ローカルコンテキストに直接存在するので安全です。

それでは、より詳しく見ていきましょう。
Fog NodeはIoTをクラウド上で守ります。

Fog Nodeは任意の相互接続されているデバイスに対して幅広いセキュリティ機能を提供します。
このセキュリティは、信用性の高いプラットフォームと使いやすい環境になっています。セキュリティ情報の管理と更新を行い、さらにサイバー攻撃からの脅威から守ると同時に、修正も行います。

フォグコンピューティングは「検出」「撃退」「報告」のステップを行っています。

もし、セキュリティ面での危険を検出した場合には、リアルタイムでフォグコンピューティングが全てのデバイスに対応し、被害を最小限にします。

これにより、低コストでブロックチェーンの展開が可能になります。
例を見てみましょう。

複数の発電機がウイルスにかかってしまい機能しなくなった時に、Fog Nodeはリモートで発電機を孤立化し、シャットダウンする事で他の発電機までウイルスが拡散される事を防ぎます。

サイバー攻撃が行われている間、データの保護などを行い、データの流出を防ぎます。

ハッカーがスマートファクトリ(スマート工場)をハッキングしようとした時に、Fog Nodeは機械学習機能などを用いて、機械がハッキングされそうだと認識し、対応をする事が可能になります。

フォグコンピューティングは、サイバー攻撃からのリスクを減らします。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中