【企業DB集】先週のご紹介企業まとめ|4月9日〜4月15日

Daplie, Inc.

Dapileは、デジタルライフにセキュアなオーナーシップとアクセスを提供するハードウェアとソフトウェアを制作しています。現在は主に、家庭や中小企業向けの、暗号化された、プライベートで安全なソーシャルクラウドシステムを提供しています。クラウドはコネクティッドデバイスに暗号化されたデータとアクセス権を与え、所有者に全ての権利を付与します。積み重ね可能なストレージドライブとIoTユニットを追加して、すべてのスマートデバイスを安全に管理します。 Daplieはまた、OAuth3プロトコルを管理し、Daplie Domainsによる自動ドメインおよび暗号化設定の提供をしています。

事業関連ワード: アメリカブロックチェーンサーバーソフトウェアハードウェア

ウェブサイト https://daplie.com
SNSアカウント Facebook: https://www.facebook.com/daplie/
Twitter:
https://twitter.com/daplieinc
設立日 2015年8月15日
アメリカ

詳しい情報はこちら

PINC

世界をリードする多くのブランドは、PINCの先進的なヤード・マネージメント、ロジスティクス、および在庫管理ソリューションを使用することで、サービスの強化や在庫の最適化、資産の利用率を向上させています。
PINCは、スケーラブルなソフトウェア、ハードウェア、およびサービスを提供し、サプライチェーンを通じて在庫を迅速かつコスト効率良く管理、そして効率的な移動を可能にします。パッシブRFID、GPS、光、セルラー技術を含むIoTセンサーネットワークによって強化された同社のクラウドベースのリアルタイム資産追跡プラットフォームは、企業がサプライチェーンを最適化するための実用的な情報とインサイトを提供します。

事業関連ワード: アメリカロジスティクスロボットプラットフォームソフトウェア

ウェブサイト http://www.pinc.com/
SNSアカウント Facebook: https://www.facebook.com/share.php
Twitter:
http://twitter.com/pincsolutions
設立日 2004年
アメリカ

詳しい情報はこちら

ThingTech

ThingTechは、価値のあるデバイスおよび資産の情報をオンデマンドで提供し、リアルタイムのアラートだけでなく、これらの資産がどこで、いつ、どのように行動しているかの把握を可能とします。それにより情報に基づいたビジネス上の決定を下すことができます。
受賞履歴のあるThingXプラットフォームは、企業が運用効率を向上させ、コストを削減して収益性を高めるのを支援する、さまざまなデバイスや資産、およびフィールドサービス管理ソリューションを提供しています。

事業関連ワード: アメリカプラットフォームリアルタイムコストデバイス

ウェブサイト http://www.thingtech.com
SNSアカウント Facebook:
Twitter:
https://www.twitter.com/thingtech
設立日 2014年4月1日
アメリカ

詳しい情報はこちら

Meshify

Meshify™は、成長するIoT市場で動作するソフトウェアを開発しました。このソフトウェアにより、OEM(Original Equipment Manufacturers)は既存デバイスをコネクティッドデバイスに素早く効率的に変えることができます。 OEMは、インターネットを利用してデバイスを稼動させ、データをバリューチェーンのさまざまな企業に提供することで、経常収益を得ることができます。リモートタンク監視、エネルギー管理システム(ボイラー、サーモスタット、温度センサー)、害虫駆除システム、ウォーターモニター、ガスメーター、製造装置などででOEMが使用されています。

事業関連ワード: アメリカソフトウェアデバイスデータスタートアップ

ウェブサイト http://www.meshify.com
SNSアカウント Facebook: http://www.facebook.com/pages/Meshify/142625845912938
Twitter:
http://twitter.com/Meshify
設立日 2012年
アメリカ

詳しい情報はこちら

Another Brain

Another Brainはパリに本拠を置く人工知能のスタートアップ企業です。
インテリジェントオブジェクトセンサに統合または関連付けされているチップセットにより、デバイスをインテリジェントにそして自律的にすることができます。センサによって送信される情報の抽出および計算の大部分が自動で処理され、メインCPUの容量が保持されます。
この技術を適用できるアプリケーションはたくさんあり、IoT、パーソナルロボット、自動車産業、無人機、防衛、セキュリティ、バイオメトリなど多くの市場の人工知能ニーズの大部分でカバーすることができます。

事業関連ワード: フランス人工知能スタートアップセキュリティアプリケーション

ウェブサイト https://anotherbrain.ai/en/
SNSアカウント Facebook:
Twitter:
設立日 2017年
フランス

詳しい情報はこちら