【動画】Sandvik:IoTを製造業に取り入れる

世界最大の鉱山機械メーカーの1つであるSandvikの、Mining and Rock Technologyを使うことで数千フィート下の地下環境でも、機械を効率的にメンテナンスする事が出来ます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

地上では、何が起こっているかを見るのが簡単ですが、地下ではそうはいきません。

もし、真っ暗のトンネルの中で機械が故障してしまった場合、どこで機械が故障してしまったか場所を教える事も難しいですよね。

SandvikはSandvik Mining and Rock technologyを使い鉱業設備を整えています。

SandvikはIBM Watson IoTとパートナーシップを結びサービスの強化を行いました。

Sandvikは、アプリケーションの強化をする事はもちろん、それよりも機器の最適化プロセスを大切にしています。

OptiMineは、鉱業におけるデジタル最適化を行うツールです。これは運用管理ツールと新しく開発された分析ツールで構成されています。

予測メンテナンスでは、機械の故障による鉱山業への影響を低減します。

IoTによってリアルタイムでデータを取得する事が可能になりました。従来は機械一つ一つのデータを人によって収集していましたが、今はデータを一括で取得し、レポートまで作成してくれます。

何が起こっているかを把握する事ができ、生産量などのデータもリアルタイムで確認出来るため正しい判断を下すことが出来ます。

OptiMine分析機能では、生産量などのデータを扱います。この機能によって生産量は劇的に増加しました。

OptiMine分析は、新しい運用システムです。いつでもより賢く安全で効率的な運用をしています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方