ダイナミックな電気自動車のワイヤレス充電のプロトタイプをNetObjex社がデモンストレーション

NetObjex Inc(カリフォルニア州南部のアービンを拠点とするIoTブロックチェーンのプラットフォームの会社)が、国際輸送イノベーションセンター(ITIC : International Transportation Innovation Center)が先日、IOTA(アイオータ)の分散したネットワークと暗号通貨を使うようにする、ダイナミックな電気自動車のワイヤレス充電のためのコンセプトソリューションの方法を明らかにしました。

フロリダ州とカリフォルニア州で行われたITIC主催のワークショップイベントにNetObjex社は参加し、将来電気自動車の充電が分散型ネットワークを通じてどのような形になるのか、デモンストレーションや議論を交わしました。

コンセプトソリューションの方法には2つのデジタルアセットのモデリングが含まれていました。それは自動車と物質のデジタル情報を生み出す自身のデジタルツインコンセプトに影響を与えるNetObjex社のプラットフォームを利用した電気格子です。分散されたユニバーサルでユニークな物体の認識に備えたプラットフォームとなっています、それゆえデバイスの発見、人称、コミュニケーションそして取引を可能とするのです。そのソリューションでデモンストレーションされたのは、ワイヤレスEVチャージ専用レーンを移動しながらどのように自動車を運転するのか、そして従来の慣習に沿った請求方法に対応するのか、ということでした。このシステムのために、NetObjex社のプラットフォームはIOTAの分散されたネットワークを合体させて、取引には支払いの必要がない(フィーレスの)MIOTAの暗号通貨を使用しました。

「電気自動車同様、コンピュータへの接続や自動化そして半自動化された自動車を通じて輸送のエコシステムは大きな混乱を経験しています」

とITICのチーフテクノロジーオフィサーであるJoachim Taiber氏は述べています。

「自動車メーカー、電気格子オペレーター、そして他の技術企業、さらには地域・州・連邦機関といったエコシステムのパートナーたち一同で、未来の輸送手段へのニーズを生み出すコンセプトを開発していくことにわたしたちITICは興味を持っています」

とも伝えています。

「信頼境界線に関わるインターデバイスコミュニケーションといった重要な問題点、そしてそれが分散されたネットワークを通じてどのように克服されるのか、それらがこのコンセプトプルーフが協調していることです。この証明は同様に、私たちがデバイス間の最後のコミュニケーションを探し出すこと、そしてマイクロペイメントがどのように行われているのか調査することを可能としたのです」

とNetObjex社のCEOであるRaghu Bala 氏は述べました。
このソリューションは、将来の輸送・交通マネジメントにおける多様な物における複雑な相互作用を強調しました、そして同様に、この広大な土地全体に様々なもの(ドット)がどのようにコネクトしてソリューションをもたらすのか、鍵となる見識を提供しました。

NetObjex社について

NetObjex社は、革新的なIoTブロックチェーンの応用が可能なプラットフォームのプロバイダーです、輸送・製造の高度化(インダストリー4.0)、サプライチェーンそして物流、スマートシティエコシステムに関係するアプリケーションのデジタルアセットを管理しています。

ITICについて

コネクト・自動化されかつ安定した可動性における最先端イノベーションのためのオープン・クローズオートモーティブなテストベッドの世界的なネットワークを築き上げています。OEM、サプライヤー、インフラサービスのプロバイダー、調査機関そしてスタートアップしたばかりの企業に輸送のメガトレンド(運転自動化、安全かつ信用のおけるエコシステムにおける接続性及び電子化といったもの)へのソリューション開発及びテストのための様々なサービスを提案します。さらに詳細な情報をお探しの方はwww.itic-sc.comへ。

URL:https://genxnotes.com/post/id/what-is-cryptocurrency

原文はこちら: NetObjex Demonstrates Dynamic Electric Vehicle Wireless Charging Prototype Using Distributed Ledgers and Cryptocurrency