【動画】未来のIoT、そして電子マネー決済

M2M技術により、新しい決済のシステムが誕生しました。自動決済サービスは、様々な会社で導入されている決済方法です。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

AmazonやFacebookなどの会社では、顧客体験の向上に力を入れています。

顧客体験の中でも、自動決済サービスは、顧客がいかに楽に、そしてスムーズに決済をする事が出来るかが考慮されています。もちろん、安全面の強化も心がけています。

パーソナライズ技術はM2M決済に進化し、Uberなどは、IoTによる決済サービスを取り入れています。

今ではIoTの技術を活かし何億ものデバイスが接続されています。

技術、機械は人間の手を借りずに互いに情報やデータを交換し合っています。

IoTはM2M通信の技術をたくさん使用しています。

M2M通信は2023年までに、27億ものデバイスが対応すると見込まれています。

それにより、IoTによるM2Mソリューションは大幅に増えます。

IoT技術は、デバイスが多様なシステム間で通信を行います。M2Mは、AI機械学習を使い、最適な方法を導き出し、機械が自己決定出来る事を目指しています。

M2M決済は様々な想定がされます。ブロックチェーンの視点からのスマートコントラクトが使われます。

自動SIMアクティベーションは、M2M技術を使用しています。ネットワークの情報の最適化を自動で行う事が出来るからです。

さらに、データ分析では、たくさんのデータを扱うので、より一層安全を強化する必要があります。

Srinivans Nidugondi氏はこう言っています。
「例えば、本を買う事を想定してみましょう。その決済の方法をM2Mを使う事によって顧客体験を向上する事が出来るのです。」

M2M技術によって支払いが大きく変わっています。AI、IoT、機械学習、スマートコントラクトなどの組み合わせにより、新しい決済システムが作られたからです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
半導体ファクトリオートメーション業界の原動力に焦点を置き、今話題のツールやソフトウェアを分析 世界のIoTに関するレポート公開中