【先週のSNSトレンド】話題のリスト記事まとめ|4月13日金曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。金曜日は話題な「リスト記事」です。

IoTライブラリー - 次のプロジェクトで活用できる10のJavaスクリプト

電池で動いているものは全て接続されている、と言う日が来るのもそう遠くないことでしょう。
2012年以降、Node.jvを介して、より多くのデバイスが接続されるようになって来ました。
次のIoTプロジェクトに役立つ10のJavaスクリプトを紹介します。

  1. Johnny-five 
    Arduino、Raspberry Pi、Intel Edison Tessel 2向けの最も人気のJavaスクリプトロボティっク及びIoTプラットフォーム(Intel Edison Tessel 2はスターターキットで標準装備されている)
  2. Cylon.js 
    ロボット構築に適している
  3. Node-Red
  4. Jerryscript
  5. NodeMcu
  6. IoTjs
  7. IoT-Nodejs
  8. Node Serialport
  9. Zetta
  10. Bit

話題の元記事はこちら: 10 Javascript IoT Libraries To Use In Your Next Project

IoT製品及びハードウェアスタートアップがQualcomm Design in India Challenge 2018に応募すべき8つの理由

Qualcomm Design in India Challengeが戻ってきました。次世代の仕組みを変えるアイディアを持った、IoT及びプロダクト/ハードウェアのスタートアップには格好の機会です。
今年のプログラムは以下に焦点を当てています。

  1. スマートインフラ
  2. バイオメトリックデバイス
  3. 支払いターミナル
  4. 農業テクノロジー
  5. 医療テクノロジー
  6. 地方IoTです。

更に今年の催しの魅力は、

  1. 過去最大の規模
  2. 賞金総額375,000ドル
  3. 最新鋭のラボへのアクセス
  4. エンジニアからのサポート
  5. アクセラプログラム・サービスへのアクセス
  6. US PTO若しくはインドPTOへの特許申請料金一部負担
  7. 政府機関とのコンタクト
  8. CESへの参加

などです。
応募書類の審査を経てショートリストされた会社は、Qualcommのシニアエンジニア及びマネージメント、業界エクスパートからなる審査員の前でプレゼンを行います。ここで最大15団体が選ばれ、9ヶ月のインキュベーションプログラムに参加し、この期間の終了後に再度審査員にプレゼンを行い、優秀な作品が選ばれます。

話題の元記事はこちら: 8 reasons why IoT & product/hardware startups should apply to the Qualcomm Design in India Challenge 2018

IoTがエッジでスマートであるべき5つの理由

エッジコンピューティングに注目が集まっています。データをクラウドで処理することの対極となりますが、その価値は充分に理解されていないようです。IoTを語る際にエッジが重要であると言うのには、主に以下の5つの理由があります。

  1. セキュリティ - ハッカーからの脅威からデータを守る為
  2. IP
  3. レイテンシ及び弾力性
  4. 帯域幅のコスト
  5. 自律性

です。

話題の元記事はこちら: 5 reasons the IoT needs smarts at the edge

IoTがビジネス界を変革する7つの方法

IoTには無限の可能性があります。IoTはビジネス界に最も大きなインパクトを与えています。ビジネスの手段を変えるだけでなく、情報の収集と交換方法にも影響を与えています。
IoTによって引き起こされた変化は、以下の分野で顕著に現れています。

  1. 在庫の追跡と管理
  2. データシェアリング及び認識
  3. 生産性及び効率性
  4. 遠隔作業
  5. IoT分野での熟練労働力の必要性

話題の元記事はこちら: 7 Ways the IoT Can Change the Business World

大麻業界がIoTを採用することで得られる利点

アメリカの大麻業界は、他の園芸業界とは異なっています。この業界は若く、伝統的ではなく、元々ブラックマーケットから発祥しています。
この特徴のために、大麻業界はIoTも積極的に取り入れています。その実態を紹介します。

  1. 生産性と精度の向上
    センサーの活用による土壌の酸性度、水分量の測定など
  2. サプライチェーンの可視化
    トレーサビリティの向上による表示間違いを防ぐ
  3. 法規制遵守
    製品の成分中の大麻の割合の法規制量測定など

話題の元記事はこちら: 3 Ways The Cannabis Industry Can Benefit By Adopting IoT Tech | Cannabis Industry Journal

ブロックチェーンがソフトウェア業界のインフラストラクチャを向上させる。2018年〜2022年の市場価値、成長パターン、現... 世界のIoTに関するレポート公開中