【動画】HDCVI-IoT (モノのインターネット) – Dahua

このビデオでは、Dahua HDCVI-IoTセンサーがどのような働きをして湿度や温度を検出しているかについて、紹介しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

IoT、モノのインターネットはスマートデバイスを互いに接続するシステムとして知られています。

HDCVI IoTはHDCVIの技術に基づいたIoTの一つです。
HDCVI IoTには4つの重要な要素があります。

一つ目は、センサーです。
センサーは様々な情報を捉える事が出来ます。

二つ目は、データの統合です。HDCVIカメラによるビデオのデータ収集が行われます。

三つ目は、単一の同軸ケーブルを介した信号の送信です。

四つ目は、データレポートを提供するレコーダーです。これは、リアルタイムでローカルストレージやアラーム作動させることが出来ます。レコーダーはアプリやその他のプラットフォームなどにビデオやその他の通知を送る事が出来ます。

他の監視カメラでは、ユーザーはビデオの再生やアラームの受信しか出来ませんが、HDCVI IoTは感知情報とその他のデータを統合してアラーム(警報)を的確なタイミングで鳴らすことが出来ます。

HDCVI IoTはセンサーで検出した温度と湿度の情報をその時の映像と組み合わせることで統計レポートを作成する事が出来ます。

一度設定された閾値を超えると、システムは警報をならし、ビデオを表示させる事で状況の確認をする事が可能です。

HDCVIカメラは一つのゲートウェイとして機能し、煙感知器や漏水検出器など無線警報装置を接続して、ユーザーに警告し、アラームが発生した時にビデオを表示させます。これにより、誤警報や過度な反応を大幅に減らす事が出来ます。

今の監視システムをHDCVI IoTにアップグレードしましょう。現在使っているケーブルを再度使用して、HDCVI IoTデバイスは稼働させる事が出来ます。

これにより、導入するコストを抑えることが可能です。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
医療市場におけるAIソフトウェア、ハードウェア、サービスなど、人工知能の22のユースケースを紹介 世界のIoTに関するレポート公開中