【日本海外事例集】Nokiaと日本の丸紅株式会社、IoTエンタープライズサービスのパートナーヘ

Nokiaは、日本の多国籍企業である丸紅株式会社との間で、顧客にIoTサービスの開発、テスト、またその提供についての合意書(MOU)を締結しました。

この提携により、NokiaのWING IoTネットワークグリッドが導入される予定です。NokiaがTele2との提携を発表したのは、ほんの数日後のことです。

丸紅は、以下の5つの業種に渡って顧客にビジネスを提供しています。

  • 食品と消費者製品
  • 化学製品および林産物
  • エネルギーと金属
  • ユーティリティと交通機関
  • 産業機械

NokiaWING、丸紅をグローバルに支援

Nokia WINGのオールインワンマネージドIoTサービスは、グローバルIoTコアネットワークと課金、分析、データセキュリティなどのコネクティビティ管理の機能を組み合わせています。

丸紅はNokiaと協力して、世界中の企業顧客にIoTサービスを提供します。サービスには、フリート管理、産業機械監視、国際物流などが含まれます。

日本法人の子会社、丸紅無線通信は、日本全国でモバイル仮想ネットワーク事業(MVNO)を提供しています。この分野でのノウハウはNokiaが日本の現地のニーズに合わせてIoTを提供することを可能にすると期待されています。

両社の声明によると、

「Nokia WING分散型コアネットワークによって、丸紅株式会社をグローバルなIoTサービスプロバイダーにして、多国籍企業顧客に低レイテンシのサービスを提供できるようにする」

と語っています。

グローバルIoTのデフラグ

丸紅株式会社ロジスティクス&ヘルスケア部門の執行役員である株元執行役員は、Nokiaとその顧客の新たな成長機会を創出するための第一歩と見ています。

「私たちは、Nokiaとのお互いに協力できる関係を楽しみにしており、日本と世界のIoT市場の新しい時代を作っていきたいと考えています。 Nokia WINGはユニークなサービスであり、お客様のIoTサービスの導入を簡単にして新たな成長の機会を促進できるよう支援してくれることに興奮しています。」

Nokia WINGの責任者であるAnkur Bhanは、日本のMVNO市場における丸紅の経験の重要性を指摘しました。

「日本のMVNOのリーダーであり、世界の産業用IoT市場のリーダーである丸紅株式会社と協力できることをうれしく思います。」
「創業以来、丸紅株式会社の企業理念の一部は革新的なものでした。今回の合意により、両社は革新的なグローバルソリューションをエンタープライズ企業および顧客に提供します。NokiaのWING分散グローバルIoTネットワークを活用することで、グローバルIoTの適用を最適化していきます。」

ビジネスのインターネット(Internet of Business)によると

最近のボーダフォンの中国市場とのアクセスのための中国モバイルとの提携を含め、今年のIoT関連でのパートナーシップの多くは、アジアとヨーロッパの間にあります。

世界のある地域で政治的レトリックがより孤立するようになっても、技術の障壁が低くなり、コラボレーションは拡大しています。
これはIoTが世界を繋げるというさらなる証拠と言えるでしょう。

原文はこちら: Nokia and Japan’s Marubeni partner for IoT enterprise services

【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中