IT関連の仕事の次のブーム?モノのインターネット

IoTへの大規模な投資は、今後数年間にIT組織の需要が高い中核技術を揺るがすでしょう。キャリアパスを大きく変える方法は次のとおりです。

モノのインターネット(IoT)は、ITの作成、分析、管理、だけでなく、ITに大きな影響を及ぼしています。IoTはIT雇用を揺るがし、特定の技術スキルとハイブリッド職務に対する新しい需要を生み出します。

多くの企業がIoT戦略の計画を開始しています。すでにセンサ、分析ソフトウェア、ネットワークコンポーネントなどのツールの導入を始めている企業もあります。これらの戦略が現実になるにつれて、IoTプロジェクトをサポートするためのスキルセットの導入が必要となります。

これにより、新たなポジションが必要となったり、ITの次のジョブブームに必要なスキルを獲得するためのトレーニングが必要となるでしょう。

そしてそれはブームとなるでしょう。ガートナーは、今年中に世界でのコネクティッドデバイスの件数は84億件にのぼり、2016年から31%増加すると予測しています。2020年には204億件に達します。エンドポイントとサービスの総支出額は2017年に約2兆ドルに達すると同社は述べています。

IDCもIoT分野で好調で、IoTに対する世界的な支出は今年17%増え、8000億ドルに達すると予測しています。さらにIDCは組織がIoTを可能にするハードウェア、ソフトウェア、サービス、に引き続き投資することで、2021年までに世界的なIoT支出は1兆4,000億ドルに達すると予測しています。

そのため多くの職種にはスキルが必要となります。IoT技術に関連するスキルを持たせるため、IoTプロジェクトの管理を担当する人に多くの投資を行う必要があります。
以下は、近い将来に需要が高まるポジションを紹介しています。

誰が雇用しているか、彼らの求めているもの

IT募集会社SoftNet Search Partnersの最高経営責任者(CEO)であるBill McCabeは、Linkedinのクイックレビューでは、IoTに関連した何千もの求人情報や雇用情報がすでに表示されていると述べています。

「これらの結果のうち、このタイプの経験を求めている企業のタイプを見ることができます」

とMcCabe氏は言います。

Verizon、Amazon、Harman International、Apex Communications、Petco、Godiva Cho-colatier、Key Bank、Comcast、Nokia、Ciscoなど、さまざまあります。

リストされているIoTジョブには、上級ソリューションアーキテクト、IoTクラウドシステムエンジニア、大規模データエンジニアなどのニーズが含まれます。

「建築家、エンジニア、デベロッパー、プログラマーなど、役割の大部分は純粋に技術的なものであると言っても間違いありません。」

とMcCabe氏は語りました。

さらにMcCabe氏はこう続けます。

「組織は、IoTやIoTプロジェクトに関わるさまざまな分野の複雑さのために、これらの役割を必要としています。何よりも、真のIoTに対応できる従業員に必要なものは無数のスキルです。」

理想的な従業員は、ハードウェア、ネットワーキング、設計と開発、セキュリティ、データ分析、人工知能の専門知識を持っている必要があります。

「これは非常にユニークで難しいスキルの組み合わせであり、雇用者はそのスキルを一人から得るのが難しいと感じている」

McCabe氏はこう語りました。

その間に、IoTが拡大するにつれて、今後数年間で最も需要が高いと予想されるスキルがいくつかあります。

テクノロジーとビジネス管理

テクノロジーはIoTでこのような主要な役割を果たしているため、IoT関連のツールやプロセスに精通しているCIOやその他の高度なIT幹部が、組織にとって望ましいものとなります。グローバル衛星通信会社インマルサットの最近の調査によると、IoTの計画を持つ企業の76%は、計画されたIoT導入が達成されるためには、シニア戦略レベルで追加の支援が必要であることがわかりました。

エグゼクティブ検索会社のHeidrick&StrugglesのパートナーであるMatt Aiello氏は、「IoTがもたらす障害やビジネス上の利点をどのように予測するかを知っているCIOやCTOを求めています。
CIOやCTOがIoTの専門家である必要はなく、リーダーシップチームと企業戦略を手伝って、これらの技術の利点が完全に実現するよう支援する必要がある」と語りました。

「Heidrick&Strugglesは、特にIoTによって混乱する可能性が最も高い製品や産業ベースのビジネスでこの需要を予測しています。」

とAiello氏は言います。

「また、IoT、機械学習人工知能、分析などの新しいテクノロジとビジネス戦略にどのように影響するかについて、より注意を払っているITリーダーを探しています」

Heidrick&StrugglesのパートナーであるSean Carroll氏によると、CIOやCTOと提携してビジネスをデジタル接続された環境に変える幹部であるチーフデジタルオフィサー(CDO)という役職もポピュラーだと言っています。

まだ多くの企業がこのポジションを築いているようには見えないですが、一部の専門家は「最高IoT役員」という役職が組織で始まると予測しています。

成功するためには、IoTの最高経営責任者(CEO)が4つの重要なスキルを持つ必要がある、とMcCabe氏は言います。
一つは、すべての接続されたものをサポートする内部ITアーキテクチャーに関する知識です。それには、セキュリティとガバナンスをよく理解している必要があります。
もう1つは、顧客関係管理(CRM)と営業/マーケティング業務の理解と、これらの分野をサポートするために必要なデータです。

これらの役員に必要な3つ目のスキルは、研究開発を含む製品開発の分野です。そして最後に、IoTの最高責任者は、企業全体のプロジェクト管理スキルを持っている必要があります。 McCa-be氏によれば、最高責任者は組織の全部門でデジタル変換の作業を監督できる必要があると伝えました。

ビッグデータとデータの分析

IoTはデータ・サイエンス、データ分析、ビジネス・インテリジェンスおよび関連分野のスキルを持つ人々を常に必要としています。インマルサットによると、今日、企業の46%がIoT計画をサポートする分析スキルを持つスタッフ不足を報告しています。

ITアナリスト会社で独立ベンチマークの研究機関であるFoote Partners LLCの主席アナリスト、David Foote氏は、非常に多くのデバイスが未処理の情報の消費や送信しているため、IoTが進化するにつれてビッグデータの真の可能性が実現されると述べています。

「ビッグデータこそIoTの大きな部分です。」

とFoote氏は語りました。

組織は、実行可能なインテリジェンスのためにスマートデバイスのデータストリームを収集し、保存し、分析するだろう、とFooteは述べています。 HadoopやNoSQLなどの主要な大規模データプラットフォームでのセンサーデータ分析、データセンター管理、予測分析、プログラミングのスキルを備えたビジネスインテリジェンス(BI)の専門家は、こうしたニーズを満たす理想的な立場にあると同氏は述べています。

特に急成長しているIoTの新たな機会を掘り起こす責任を負うBI幹部にとって、強力なビジネスのインサイトを持つことは、重要な差別化の要因となるだろう、とFooteは述べています。

Foote Partnersの調査によると、IoTの高度なBIスキルには、データの視覚化、データベース管理、統計分析システムの知識、機械学習、予測分析などがあります。

「IoTエンジニアをデータ科学者にする必要はありませんが、データ収集、組織、ストレージについて十分理解している必要があります」

とMarist CollegeのIT担当CIO、Bill Thirsk氏は述べています。

「IoTデバイスはデータを駆動し、さまざまな情報を収集して送信するセンサとして機能することがあります。時にネットワークが断続的にしか利用できない場合は、一定の流れでバッチ処理されることもあります。大規模なデータストリームを収集してレビューする方法を理解することで、エンジニアやデベロッパーはこの情報をビジネスインテリジェンスとイノベーションに利用できます。」

とThirsk氏は付け加えました。

情報セキュリティー

すべての種類のサイバーセキュリティ技術を持つ人々に対するニーズはますます大きくなっており、すでに裏付けされています。IoTの成長はこれらの専門家への需要をさらに増やしていくでしょう。 インマルサットによると、IoTプランを持つ5社のうち3社は、現在、サイバーセキュリティでの役割が限られていると伝えています。

組織は、コネクティッドデバイスやその他のもの、接続を提供するネットワーク、IoTをサポートするために使用される内部システム、収集、共有、保存されるデータを保護する必要があります。

「IoTエンジニアは、コネクティッドデバイスのセキュリティ機能に対する高度な理解と、それらが接続するシステムの中間的な理解を必要とします。」

とThirsk氏は語りました。

「最も重要なことは、DDoS(分散型サービス拒否)やその他の新たな攻撃やボットネットなどの自動攻撃にデバイスが晒されるのを防ぐことができることです
監査、暗号化の管理、ワイヤレスネットワーク上での認証やデータの安全な転送を保証するためのシステムの作成と使用に精通していることが重要です。」

とThirsk氏は言います。

企業は、IoTセキュリティの責任を負う人が必要になります。現在CSOやCISOとして活動しているセキュリティ幹部にとっては、IoTのスピードアップと、サイバーセキュリティと物理的セキュリティの観点の意味で理解が必要です。

ハードウェアおよびソフトウェア開発

IoTの成長に伴い、ソフトウェアデベロッパーとハードウェアデベロッパーの両方が必要となります。しかし、ソフトウェアデベロッパーはいくつかのハードウェアスキルを持つ必要があり、ハードウェアデベロッパーはソフトウェアスキルを持つ必要があるとFoote氏は言います。

ソフトウェアデベロッパーが製品のプリント基板(PCB)の次のリビジョンを設計することはありませんが、プロトタイピング用の回路を構築しておくことは有益なことです。

基本的なエレクトロニクスを理解することは価値があるとFooteは言います。ソフトウェアデベロッパーは、抵抗、コンデンサ、LEDなどの基本コンポーネントが回路内でどのように動作するかを知っておく必要があります。ソフトウェアデベロッパーにとって重要なその他のスキルには、データシートの読み込み、タイミング図とクロックの理解、プルアップ抵抗やプルダウン抵抗、ロジックゲート、トランジスタなどのエレクトロニクスの概念などがあります。

ハードウェアデベロッパーは製品のPCBの次のリビジョンを設計し、マイクロプロセッサ、センサー、無線インターフェースを選択して統合します。彼らはまた、ソフトウェアの基礎を知ることが強みとなります。

目標は、基本的なビルドシステムを備えた200,000行のソースコードベースを構築するだけではなく、開発チームの他の半分の要件を理解することです。たとえば、ハードウェアデベロッパーはソフトウェアプロトタイピングスキルが必要です。

ネットワーキング

IoTにはさまざまなネットワーキング要素が関係しており、企業はIoTをサポートするために既存のネットワークインフラストラクチャの調整が必要となるかもしれないと理解している人材が必要です。

ネットワーキングの問題には、高いデータ転送速度と低いレイテンシを必要とするIoTアプリケーション、および低消費電力で広域のカバレッジが必要なアプリケーションのサポートが含まれます。企業には、5G、LTE-NB、LTE-Mなどの長距離IoT接続技術の専門知識も必要です。Wi-FiBluetoothZigBeeなどの短距離接続が可能です。

IoTネットワーキングに関連する他の分野には、無線アクセス、コアトランスポートネットワーク、セキュリティおよびサービス品質などのサービス機能を含むセルラー通信ネットワーク技術が含まれます。

ネットワーキングの専門家は、現在世界中で開発中の多くのIoT標準の実践的な知識を持っている必要があります。

「IoTデベロッパーは、デバイスの通信方法、使用するプロトコル、これらの通信の信頼性、迅速性、安全性を理解する必要があります。
OSIモデル、IP / TCP、ルーティングとスイッチング、ワイヤレスチャンネル、ポート、および能力に関する知識はすべて必要なスキルです」

とThirsk氏は言います。

原文はこちら: The next IT jobs boom? The internet of things