【ソフトウェアDB集】IBM IoT Continuous Engineering

IBM IoT Continuous Engineeringとは?

IBM IoT Continuous Engineeringは、チームがスマートで接続された製品を開発する上での困難を克服するのに役立ちます。
クラウド上で動作することで、システムエンジニアやソフトウェアデベロッパーは、要件に対する対応、効率的な対応、高品質な設計の迅速な作成を実現し、開発コストを管理し、コンプライアンスのニーズを満たすことができます。その緊密に統合されたツールは、要件管理、モデリングとシミュレーション、品質管理、構成管理、共同作業の計画と管理を含むシステムとソフトウェア開発のライフサイクルをカバーします。

機能性および効果

IoT Continuous Engineeringプラットフォームでは、次のような利点があります。

  • 顧客のニーズを満たす
    製品開発のライフサイクル全体にわたって、要件を抽出、分析、管理し、トレーサビリティを維持します。
  • 規模と複雑さの管理
    プロセス主導型の計画、ワークフローと変更管理でチームをサポートし、グローバル構成管理で製品ラインを作成します。
  • 品質とスピードで提供
    柔軟な方法を採用し、アーキテクチャと設計モデリング、シミュレーション、テストと品質管理を統合します。
  • エンジニアリングの意思決定を改善する
    エンジニアリングデータを視覚化、整理、分析して、共同レビューと意思決定に情報を伝えます。
  • コンプライアンスの効率化
    業界標準のコンプライアンスニーズをサポートし、レポート作成とドキュメント生成を自動化します。

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 IBM
ソフトウェアカテゴリ IoTアプリケーション
ウェブサイト https://www.ibm.com/marketplace/cloud/engineering-solutions-on-cloud…
インストールマニュアル http://www-01.ibm.com/common/ssi/cgi-bin/ssialias?subtype=BK…
サポート https://www.ibm.com/support/home/
関連する動画

導入事例

  • Jaguar: ソフトウェアを検証するために必要な時間を、約6週間からわずか3日間に短縮しました。
  • Mahindra & Mahindra Ltd: インドの自動車メーカーは、開発プロセス全体を通じて製品を管理し、冗長な作業を減らすことができました。

情報の更新: 2018年04月10日現在

製造業に多大な影響を与えているIIoT。その各分野での実装例と将来の成長予測について 世界のIoTに関するレポート公開中