【動画】IoT時代のコネクティビティとセキュリティ

一般家庭にIoTの導入が進んでいます。IoTはとても有益なものである事が証明されています。しかし、これらの良い事ばかりではなくセキュリティ面に視野を置いてみたら、どうでしょうか。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

モノのインターネット(IoT)は、今や様々なところで使われています。

一般家庭や職場、公共施設は自動化が進んでいます。一方で、セキュリティは重要視されているでしょうか?これらの環境は安全でしょうか?

IoTは家庭をより賢く、快適に、そして効率化する事が出来ます。デバイス間での接続が行われ、複数の機能を効率的に使うことが出来ます。

Energy Management Systems/EMS(電力管理システム)は電気の使用を最適化する事によって電力とお金を節約する事が出来ます。

セキュリティがあまり管理されていない家庭用のデバイスは攻撃者によって悪用され、データとユーザーのプロファイルを盗まれる可能性があります。

例えば、家にあるルーターは、適切なデバイス構成とセキュリティがなければホームネットワークに問題が発生する可能性があります。
Intelligent Transportation Systems/ITS高度道路交通システム)によって道路交通の最適化も行われます。最先端の情報通信や制御技術を活用して、様々な課題を解決するためのシステムとして使われています。

ITSによって道路での待ち時間が減り、交通がより効率的になります。

積極的にセキュリティアプリケーションを採用する事で、ネットワークの脅威からデバイス自体を守ることが出来ます。

さらに、監視カメラなどは様々な場所で使われています。監視カメラのパスワードを頻繁に変えなかったり、ファームウェアの更新を行わないと、カメラで不正な記録がされる危険性があります。

運用技術(OT)は様々なプラットフォームを用いています。
専用のセキュリティ戦略がなければ、スマートファクトリなどでは作業中止期間が発生しやすくなります。

例えば、あまり管理されていない産業用ルーターでは、攻撃者はロボットなどの機械に簡単にアクセスする事が出来ます。

スマートシティなどでは、様々なセンサーが駆動しています。スマートゴミ箱(Smart trash cans)は廃棄物管理がより効率的に行われます。

IoTは日常の生活をより快適にする為に無限の可能性を提供します。

ですが、セキュリティを優先しないと、IoTは凶器にもなりかねません。

リスクには、金銭的損失や法的懸念が含まれます。
セキュリティは、ユーザーを守ります。

IoTにはリスクが伴いますが、対策をすることで回避する事が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
ワイヤレスインフラストラクチャの進化:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 世界のIoTに関するレポート公開中