【動画】IoTシステムの仮想テストプラットフォーム

複雑なIoTシステムのテストをする為に、IBM Researchは仮想テストプラットフォームを使用して大規模な自動車IoTシミュレーションを行いました。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

IBM Researchでは、IoTに関する全てのセンサーやプラットフォームがどのように接続しているかを明確にし、プラットフォームの構築を行い産業用ソリューションに変えています。

産業用ソリューションを作る為には、実験を行いシステムがどのように機能しているかを理解する必要があります。

IBM Researchは、Virtual Testing Platform(仮想テストプラットフォーム)を開発しました。

システムにある何百万ものセンサーを、大きな仮想プラットフォームに統合する事に成功しました。

University College Dublin(ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン)との共同により、IBM Researchは、人間と相互作用する大規模なセンサーシステムが実際の世界でどのように反応するかを試す事が出来るプラットフォームを作ることが出来ました。

仮想テストプラットフォーム上では、様々なアプリケーションのサービスを提供する事が可能です。

例えば、カーシェアリングサービスは、複数の人達同士で車を共有して目的地まで行くことが出来ます。

カーシェアリングサービスは、交通状況を元に、ベストな待ち合わせ場所を提供する事で、お互いの待ち時間を減らすことが出来ます。

このように、シミュレーションと現実との組み合わせが人々の生活をより快適にしています。

今まで、車は所有者の利益の為に設計されていましたが、未来は都市など、人口密集地域の大気汚染を最小限に抑えるように設計されています。

これは、状況に応じてガソリン、電気モードなど、走行モードを自動的に切り替える仕組みになっています。

仮想テストプラットフォームを使うことにより、プロトコルの設計、測定が可能になりました。

仮想テストプラットフォームが自転車と接続される事で、自転車と自転車の運転手間に起こる相互作用を調査して、運転手が実際にこの新しいサービスに対してどのように反応するかを試すことができます。

交通渋滞がない街を想像してみてください。
仮想テストプラットフォームは大規模な環境に対応するネットワークを構築しています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
スポンサーリンク