【先週のSNSトレンド】話題のリスト記事まとめ|4月6日金曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。金曜日は話題な「リスト記事」です。

IoTプロダクトにユーザーエクスペリエンスをデザインする5つの鍵

IoTシステムは通常、複数のデバイスからなっているので、そこにユーザーエクスペリエンスをデザインすることは容易ではありません。なぜなら、それぞれ異なる機能を持つデバイス間の相互交信が必要であり、そもそもIoTデバイスは普通のものより複雑に出来ているからです。
この条件を踏まえた上で、効果的なユーザーエクスペリエンスをデザインする為に、留意すべき事柄を紹介します。

  1. シンプル化したオンボーディング
    例えばパスワードではなく、コード検証を採用する
  2. スムーズなデバイス間の設計と交信
    クラウドの利用
  3. パーソナライズする
    コンテキストベースのユーザーエクスペリエンス
  4. ワンスペース
    例えばSolosスマートメガネのように、広範にわたる個々のコンポーネントを統合し、機能性と信頼性を向上させる
  5. 新たなインターフェース
    バーチャルアシスタンス

話題の元記事はこちら: 5 Keys to Designing User Experience for IoT Products | IoT For All

IoTアプリ5つの成功例

ここ数年、IoTが世界中でキーワードとなっており、第2のデジタル革命と呼ばれています。
この新しい技術はスマホを超え、人々の生活をよりシンプルで快適なものに変えることが可能です。IoTの成長は、人々が車や家や家電とどのように交流を図るかを劇的に変えています。
ここでは、IoTがどのように私たちの生活の重要な部分を担っているかを紹介します。

  1. スマートホーム
    GoogleでIoT関連の言葉を検索すると、スマートホームがトップに来ます。スマートホーム製品は、時間やエネルギーそしてお金の節約になります。
  2. 装着型
    装着型デバイスには、センサーとソフトウェアが備わっており、フィットネス、ヘルスやエンターテイメントなどの情報提供、利用者の情報収集などを行います。
  3. コネクティッド・カー
    車両の最適化に焦点を当て、車両の稼働状況情報を収集し、快適さを追及します。
  4. 農業
    スマートセンサー・ネットワークを活用し、湿度や温度、土壌の質などのモニター及び管理を行い、農家の生産性の向上をサポートします。
  5. 運輸
    スマートBLEタグを利用して、リアルタイム情報の活用が可能に。トラックの現在位置や、スピード、倉庫の温度管理などに利用されています。

話題の元記事はこちら: 5 Awesome Example Of Internet Of Things Application – DZone IoT

HMI2018 で注目の3つの製造業でのインテリジェントIoTトレンド

製造業界では、デジタル・マニュファクチャリング・テクノロジーとIoTが壮大なインパクトを与えています。以前は融通の効かないサプライチェーンや、旧式の機械、頑固な工程に縛り付けられた業界であったのが、今では、インテリジェント・ツールや接続性とデータアクセスに支えられ、生産性・効率化などがすすんでいます。
ここでは、業界の未来を形作る3つのトレンドを紹介します。

  1. 接続されたIoTインフラを介した、生産性の向上
    様々な工程での接続性により、製造、販売、サービスの全てでコラボが行われています。
  2. 製造業の役割を再定義する
    IoTテクノロジーにより、サプライチェーンの継続的な進化及び、製造者と消費者の距離が縮まり、製造業者の社会責任が増す。
  3. デジタルテクノロジーによる、新たなビジネス機会の創造

話題の元記事はこちら: 3 intelligent manufacturing IoT trends to watch out for at HMI 2018 – Internet of Things

製造業でIoTを利用する際の3つの誤解と現実

製造業はデジタル・トランスフォーメーションを遂げています。IoTがこのトランスフォーメーションの中心にあります。しかし、何年にも渡る成長にもかかわらず、重要な誤解はいまだに存在し、製造業でIoTソリューションを取り入れることを躊躇させています。

  1. IoTは大規模組織向けのもの
    小規模組織でもIoTを取り入れることによりニッチマーケットをターゲットにし、成功を収めることが可能です。
  2. IoTは必要不可欠ではない
    現在でも、70%の組織がIoTは必要不可欠なものではないと考えています。IoTの真価は、情報収集とその解析を経て、消費者が真に求める製品を提供することを支援することです。
  3. IoTは安全ではない
    これが、製造業者が持つ最も大きな懸念の一つです。しかし、ホリスティックなセキュリティ戦略への意識の向上によるセキュリティの充実は著しく、Microsoftの経験と取り組みも、企業の不安を払拭するのに役立つでしょう。

今年のMHI2018では、Microsoft専門家との1:1のミーティングも可能で、エンド・ツー・エンド
ソリューションの構築や、IoT導入によるビジネスへの利益などについて相談できます。

話題の元記事はこちら: 3 misperceptions vs. reality of using IoT in manufacturing – Internet of Things

eSIMが消費者IoTとM2M市場にインパクトを与える理由

最近開催された、第2回ワールドeSIMサミットとモバイル・ワールド会議において、世界的なeSIM市場に関しての動向が紹介されました。
全体としては、eSIMは消費者IoTとM2M市場において、既にインパクトを与え始めていると言うことが明らかになりました。
この背景には、以下のような理由が考えられます。

  1. eSIMに対する理解が進んでいる
    eSIMの利点は、より速く簡単なモバイル接続、オペレーターのロジスティックのシンプル化、コスト軽減、新たな収入源の提供、などです。
  2. eSIMはステークホルダーに支持された、現実のものとなっている
  3. eSIM M2Mと消費者市場は異なるものである

eSIMに現在まだ残された課題は、ユーザーエクスペリエンスの継続的な向上、eSIMを装備したプライマリー・デバイスが市場に出回ることへの準備、などです。

話題の元記事はこちら: 3 reasons why eSIM is ready to make an impact in consumer IoT and M2M markets

【IoTレポート】5Gインフラの市場規模、2026年までに337.2億ドルに 世界のIoTに関するレポート公開中