【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|4月5日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

データセキュリティにとってIoTが意味するもの

以前は、インターネットとはコンピューターを通してのみアクセスできるユーティリティでしたが、今では全体のエコシステムの一部となっています。しかし、2.5京バイトのデータが日々生み出される今日、これが様々な課題を生んでいることも事実です。
IoTから生み出される膨大な量のデータを最大限に活用しようと試みるビジネスが先ずつき当たるのが、充分なインフラが整備されていないと言うことです。
次に問題になるのが、データの不正利用です。これを防ぐ為には、政府による迅速な規制の制定が求められます。
EUによるGDPRが発効されたら、企業はサイバーアタックに際して充分な予防措置をとっていなかった場合に、高額の罰金を科せられるだけでなく、企業存続の重大な危機に直面するでしょう。
消費者の立場からしても、頑強なパスワードを設定するなど、サイバー攻撃に対する自衛手段をとると共に、セキュリティが甘い会社の製品に対するプレッシャーをかけ、企業の姿勢を問うことも有効な手段です。

話題の元記事はこちら: What the Internet of Things (IoT) means for data security

スマートシティでのCAの役割

CAは組織がより良いソフトウェアを作成できるように支援します。IoTの実装の為には、データはスマートなインフラから得られるのです。
私たちは、ソフトウェア開発が単独で固有のコントロールのみで行われている世界から、共有のコントロールが行われる環境へと考え方をシフトすることが必要です。例えばApp Storeでは、様々な組織によって開発されたアプリのダウンロードや管理をAppleが管理する単一の方法で行っています。
では、より良いソフトウェアとは何を意味するのでしょうか?
それは、より速く、より安全で、管理可能で、より良い品質を持ち、顧客に高い満足度を与えるものです。

話題の元記事はこちら: What does CA do ‘in’ SmartCities

IoT開発に必要なもの

IoT開発に成功する為には、広範な技術と才能が必要とされます。それ以外にもプログラム言語に精通していること、過去のプログラミングの経験なども必要とされます。
IoT開発に必要とされるコンセプトとスキルは以下の6つに分類できます。

  1. ハードウェア
  2. ネットワーキング/コネクティビティ
  3. アプリデザイン及びデベロップメント
  4. セキュリティ
  5. ビジネスインテリジェンス及びデータ解析能力
  6. マシーンラーニング及びAI

IoTデベロッパーとなるためには、先ず上記の中で自分の経験のある分野、又は得意とする分野から始めることをお勧めします。自分の得意分野を伸ばしている間に、他の分野のリサーチもしっかりと行い実力を付けていくことです。

話題の元記事はこちら: What It Takes to Get Into IoT Development – Simple Programmer

IoTの現状

Getting Smart社のCEO、Tom Vander Arkは「IoTはビックデータの時代を打ち上げました」と語ります。早晩40億人がインターネットに接続し、モバイルデバイスを通じて10億のカメラが接続されるのです。
顔認識機能は2017年に飛躍的に進化しました。これにはAIが深く関わっています。AIは過去50年存在していましたが、今では各人がスーパーコンピューターをポケットに入れており、コンピューティングとストレージのコストはゼロに近くなっているのです。
今では水質や空気の質の改善をしたいと思ったら、データサイエンスを学ばなければなりません。社会貢献をしたいと思っても、大量のデータを収集し地元で何が起きているのかを理解し、どこがサービスを必要としているのかをあらかじめ調査しなくてはなりません。
ビックデータの時代は、情報がセンサーによって、日々の生活の全ての要素から収集することが可能になって初めて成り立ちます。又、情報を必要とする者と情報を提供するもの双方をよりよく理解するためにAIがより正確となることが必要です。

話題の元記事はこちら: What Does IoT Look Like for Education in 2018?

データセンターにとってIoTが意味するもの

最近の予測によれば、2020年までにIoTは年間で44兆ギガバイトのデータをプロセス刷るようになると言うことです。データセンターは、IoTを中心とするインフラから恩恵を得ている分野の筆頭です。
IoTが発達するにつれ、ストレージの需要が高まり、デバイスの多機能性と固有性が高まり、利用者は高速で、低レイテンシのネットワークを求めます。又新たなセキュリティの脅威も大きな課題です。
上記の課題に対処する為に、ITセクターは既に次世代チップやシステムなどの研究を進めています。必要とされるハードウェアの数を減らしコンポーネントを小型にする事に加え、エンジニアはエネルギー効率が良く、サイバーアタックに対して安全な技術革新を推進しています。
最近のリサーチでは、MITのコンピューターサイエンス&AIラボがフラッシュメモリーを利用することで、エネルギー消費量とコストの軽減に成功しました。
これは同時に、データセンターが必要とするサービス頻度の軽減も達成しました。

話題の元記事はこちら: What IoT Means for Data Centers – ITChronicles