【動画】InmarsatとHewlett Packard EnterpriseによるIoT成果

Inmarsatの社長であるPaul Gudonisが、HPE IoTを使用して顧客が抱える課題を解決し、より良い海上保安、そして農業生産のビジネスを効率的にする方法についてを紹介しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Paul Gudonisは、Inmarsat Enterpriseの社長を務めています。Inmarsat(インマルサット)は、国際海事衛星機構という組織で、主に海上、航空機などにその衛星通信を提供しています。

実際に企業の成功や効率性を向上させているIoTの使用例を考慮していないと、ネットワーク上で見逃してしまう重要なデータがたくさんあります。

提供するデータも、受信するデータも海上での安全な通信のためにはIoTの存在が極めて重要になってきます。

IoTをグローバル規模で進めていく必要があると、この社長は考えています。

そして、IoTを使ったコンセプトの実証として、農場の生産性を上げています。

生産性を上げるようにするには、どうすればよいかをデータを使って編み出しています。

HPEのUniversal Platformによって顧客が実際に簡単にデータの内容を理解できるようにしようとしています。

HPEは、Inmarsatに大きな力を与えてくれました。それは、収益を上げることにも繋がります。

海の真ん中で通信が全く取れない事を想像してみてください。もし、海上のどこでもネットが使えるとしたら、とても便利になりますよね。

実際にセンサーや通信機器に太陽光(ソーラーパネル)を使うことで、IoTが使える場所を増やすことも出来ます。

Inmarsatが現在挑戦している事は、事業の流通経路を増やすことです。HPEと協力する事によってより多くの視点を持つ事が出来るので、パートナーとこれからたくさんのコンセプトを作っていけたらと社長は思っています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
スポンサーリンク