【先週のSNSトレンド】話題の動画記事まとめ|4月4日水曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。水曜日は話題な「動画記事」です。

Azure IoT Hub

今日のIoT ショーのゲストは、Azure IoTチームのプロジェクトマネジャー、Chris Greenです。
Chrisがどの様なIoTデバイスにも多様なデバイスマネジメントを統合することが出来る、IoT Hubのツイン、ダイレクトメソッド、ジョブとクーリエ機能について紹介します。

話題の元記事はこちら: Azure IoT Hub features for device management

Iridium IoT:誰でもインターネットに接続できる為に

現在380億人がインターネットに接続していると言うことを知っていますか?しかし、これは200億のモノがインターネットに接続していると言う事実の前では、ちっぽけなことです。スマホのような小さなものから、家、工場や道路などの大きなものまで。この数は2025年までには750億に達すると言われています。全てのデバイスをつなぎ合わせたら、月に3往復できるほどになります。
同時に、地球上の80%の場所では、インターネットに継続的に接続できる環境がありません。しかし、Iridiumの低軌道衛星を使えば、地球上の全ての場所でインターネットに接続できるようになると言うことを知っていましたか?

話題の元記事はこちら: Iridium IoT: Are You Connected?

IoTデバイスの為のTPMベースの認証

IoTアプリを安全に保つ一つの鍵が、あなたのアプリと交信しているデバイスが、仮面をかぶった偽者ではないと保障することです。今日のIoTショーのゲスト、Azure IoT SDKチームの開発者であるTony Ercolanoが、IoTデバイスに認証機能を持たせる詳細を解説します。そして、Azure IoT Hubを使ってTPMのようなハードウェア・セキュリティ・モジュールでデバイスの認証を保障することが出来るかも紹介します。

話題の元記事はこちら: TPM Based Authentication For IoT Devices

職場におけるIoT

IoTには、インターネットに接続されたモノがデータを収集したり、遠隔でコントロールされたりすることを含みます。
職場においては、IoTは効率性を高め、新しい事業機会を創造します。
スマートデバイス、ロボットやAIが職場でのIoTシステムの一部となります。例えば、AIは職場の基本的な作業を自動化し、スマートデバイスはリアルタイムのデータを元に生産性を測ることができます。
職場におけるIoTには3つのタイプがあります。インフラ、スマートホーム向け、そして事業に特化したIoTです。
インフラには、空調やドアの開閉をコントロールするスマートビルなどが、スマートホームではスマートスイッチや電灯、モニターなどが、そしてビジネスIoTでは大画面ディスプレイやテレビ会議機能などが含まれます。
しかし、その一方でIoTにはリスクも含まれます。職場での電話が傍受されたり、記録されたりすることです。

話題の元記事はこちら: Internet of Things in the workplace explained – Video | ZDNet

Visaカードが取り組むIoTセキュリティ

IoTはセキュリティが脆弱だと思われています。セキュリティの甘いIoTデバイスがサイバーアタックの標的となることの脅威は、接続されたデバイスの数が増えるにつれ、より顕著になります。その中でも、IoTに接続された支払いシステムの増加は大きな懸念材料です。
このような事態に終止符を打つために、Visaカードや他の業界大手は、プラスチックカードから、トークンを利用したデジタル決済へと変身を遂げています。
Visaカードは、2016年に毎秒1,700の支払い決済を行っていました。
サンフランシスコで開催されたBank Innovation 2018にて、Visaカードのグローバルイノベーション&デザイン部門の責任者Mark JamisonがVisaカードによるこの課題へのアプローチと急速に変革を遂げている支払いシステムの概要について語りました。

話題の元記事はこちら: How Visa Is Securing the Internet of Things [VIDEO]

グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中