2030年におけるモノのインターネット(IoT)-その2

スマートフォンの消滅
私は個人的に、もはや電話を必要としていません。最後のスマートフォンの世代であるePhone 15は、2025年に製造されましたが、売れ行きは悪いです。全く不思議ではありません。私はデバイスを常に手に持っているのがいかに面倒か覚えています。HoloLensメガネを使って買い物や、情報の伝達、収集ははるかに直感的です。2017年の時点でまだ未熟な最初のHoloLensモデルが市場に参入しました。その後、マイクロソフトはスマートフォンの終わりを発表し、Trendoneの技術革新研究者は、遅くとも2027年までにデジタル通信用のデバイスをこれ以上生産する必要がないと予測しました。

HoloLensはずっと実用的です。私が家にブロッコリーがあるかどうかを知りたいなら、HoloLensに音声で尋ねます。さらにHoloLensは眼鏡やスマートコンタクトレンズとして使用することもできます。いずれにせよ、HoloLensは結果を教えてくれます。私が同意すれば、私のバーチャル買い物リストに野菜が追加されます。そのバーチャル買い物リストは直接食料品店に届けられます。

IoTがどのように生活を楽にするか
私はさっきまで母親の心配をしていましたが、陽気な音楽が流れ、今では気分がすっかり良くなりました。私のスマートなブレスレットは、夏のヒット曲をかけてくれました。ブレスレットは血糖値、脈拍、血圧だけでなく気分も測定します。ストレスや悲しみを検出した場合、音楽をかけてくれたり、昔の良いことを思い出させることで対応してくれます。
すべてがつながっているので、2030年の生活はずっと楽です。IT調査会社のGartnerによると、2017年にはコネクティッドデバイスは80億台にものぼり、2020年にIBMは300億台のデバイスを報告しました。現在ではインターネット経由で接続されていないデバイスはもうありません。 これにより、情報がデバイスからデバイスに自動的に渡されるため、多くの時間を節約できます。そして、データは処理される場所を自動的に認識することができます。

未来の買い物

この時代での買い物の方法を見たいですか? 私たちが通過しようとしているお店のダッシュボード画面では、オファーが点滅しています。これは私のニーズに合わせて作られています。私はよくワインを買っています、今では私の好きなブランド “2023 Cabernet Blanc Finlandia”が販売されています。
2017年くらいには、店はこのタイプの顧客ロイヤルティを試しましたが、煩雑なアプリを使用して通知する必要がありました。今や、これはセンサ、RFID技術、NFCチップによりはるかに簡単でシームレスになりました。

私が今日必要なものはワインとチーズです。支払いはとても簡単です。出口で止まることで、システムが製品のチップやRFIDを自動的にスキャンしてくれます。販売員と対話する必要はありません。 私はこのブレスレットに組み込まれたNFCチップを介して支払うことができます。それを端末に押し当て、個人的なコードを入力するだけで購入できます。

スマートな服、スマートな棚
隣にはブティックがあります。私はスマートジョギングシャツを試してみたいと思います。これは環境を分析し、私の体の測定値を読み込み、もし私が寒いと感じたら、私を温めてくれます。試着室の鏡は、このモデルには3つの色があることとそれがどこで作られたかを教えてくれます。音声コマンドを介して、私はより多くの情報を得ることができます。

棚がスマートになったので棚が空ということはもうありません。棚が空になってしまった時には、ロボットが「補充する必要があること」を感知します。デバイスは自律的に動き、互いに通信します。2017年ごろ、このシステムは初めてテストされました。

私はSnowden Drive 220aに住んでいます。私が帰ることを家のセキュリティシステムに伝えていたので、ライトつけてくれました。
コーヒーマシンは、私の好きなMaccacinoを作ってくれます。私のフィードバックに基づき、マシンは私の好みを知り、それに適応してくれます。マシンは私の声を知っているので、私の妹へは全く違うコーヒーを準備しています。タッチベースの制御装置はもう必要でないことはあなたも知っているでしょう、すでにAppleのSiriやAmazonのAlexaなどの音声制御アシスタントの流行を目の当たりにしているはずです。音声制御は重要な役割を果たしますが、それ以上のことが可能です。デバイスはレーダー技術を使ってジェスチャーを分析することができます。 2015年に開始されたGoogleの調査プロジェクトであるSoliがこの新しい技術を開発しました。現在、ジェスチャーコントロールが当たり前となり、スマートホームでテレビチャンネルを変更することもできます。

2030年のIoT最大のリスク

申し訳ありませんが、私はあなたにさようならを言わなければなりません。母を見に行く必要があります。あなたの将来についてもっと教えてほしかったでしょう。もちろん、どんなことにでも欠点はあります。確かにこの時代では、すべてが非常に効率的に機能します。ハッカーがいなくなれば、世界はより安全になります。最近はすべてが接続されているので、私たちはより脆弱になってきました。巨大なサイバーテロ防衛センターは、潜在的な攻撃者よりも先を見越して常に努力しています。私自身、私たちを守る新しいセキュリティ技術を開発しており、多くは成功しています。セキュリティ、暗号化、および認証技術が組み込まれたチップは、ハッカーによって攻撃されることはありません。しかし、セキュリティが唯一の問題というわけではありません。

今日、人々はあまりにも時間に余裕を持っており、それ自体問題ではありませんが、よくない副作用を伴います。2017年に、イスラエルの研究家であり、最も有名な「Home Deus」の著者、ユヴァル・ノアハ・ハラリは、「ほとんどの人がもうビジネスに必要でなくなり、要らなくなるだろう」と警告した通り、高度に専門的な人材は求められていますが、その他の労働は人間よりも速く安価なロボットや機械によって行われます。

ユヴァル・ノア・ハラリは、当時の暗い預言でもありました。

「本当の問題は、人々の生活を将来的に意味のあるものにすることであろう。」

とうとうタクシーが来ました。それではここでお別れです。またお会いして、お話しましょう。

この記事の前半はこちら:2030年におけるモノのインターネット(IoT)-その1

原文はこちら: The Internet of Things in the year 2030

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中