2030年におけるモノのインターネット(IoT)-その1

コネクティッドカーと自律的に飛行するドローン、新しいショッピング体験、あらゆる場所のセンサー、そしてスマートフォンが必要ないスマートな都市:モノのインターネット(IoT)を駆使した2030年の世界はこのようになるでしょう。

2030年にようこそ。私の名前はハンナです。私はサイバーテロ防衛センター(CTDC)で働いています。ここで私はデジタル化され、あらゆるものが接続された世界で最も高いレベルのセキュリティに取り組んでいます。 IoTの専門家として、あなたを未来の旅に連れて行くことができうれしいです。

今、私は私の車に座っていますが、あなたのことをしっかりと見ていることができます。このスマートな電気自動車は、操縦する必要もなく、ブレーキもシフトもありません。私が行きたいところへどこにでも、素早く、安全に、私を連れて行ってくれます。交通に注意を払う必要がないので、自分のお気に入りの小説を自分の網膜に投射させることや、バーチャルリアリティ(VR)ゲームをプレイしたり、なんでもしたいことができます。正直言って、これらのゲームがない人生はどんなものか想像できません。

現在では、ほとんどの人が自宅にゲームコンソールを持っています。しかし、典型的なプレイステーションのようには見えません。このコンソールはゴーグルとすべての方向に向きを変えることができるソファで構成されています。プレーヤーは、巨大な3D世界で会い、さまざまな種類の冒険を体験することができます。今一番好きなゲームはJupiter Monopolyです。このゲームを車で遊ぶ時間はあまりありませんが、携帯用VR眼鏡をかければ、家でやっていたゲームをシームレスに再開できます。

スマートシティ

IoTにおけるコネクティッドカー
あなたに良い知らせがあります。未来では事故はほとんどありません。車両の周囲に取り付けられたセンサーがすべての障害物を確認し、自動的に反応してくれます。心配しないでください。ある時点まではそのようなコネクティッドカーも運転が必要です。 2020年には全ての車の約75%が接続され、2030年にはほとんどすべての車がIoTの一部となります。つまり、運転免許証は廃止され、運転学校は消滅します。また、ガソリンスタンドやオートショップも必要無くなります。例えば、チューンアップが必要な場合、予知メンテナンスが事前にそれを検出し、自動的に作業してくれます。

今日では、かつては渋滞があったという事実を誰もが想像すらできません。私たちの車は道路上でお互いにコミュニケーションをとります。たとえば、特定の道路に混雑している交通渋滞がある場合、一般的なGPSナビゲーションデバイスを使用しないで、接近する車両が別のルートへ進みます。

IoTが都市をどのように変えるか

様々なことが効率化されとても便利になっています。もう交通で待つ必要はほとんどありません。カメラとセンサーを備えた街灯は、道路にいる人の位置と数を分析します。独立して、信号が赤から緑に切り替わります。 無料駐車場を探すために何キロも運転する必要はありません。駐車場も接続されているので、あなたの車は最も近い利用可能な駐車場にナビゲートしてくれます。 歩行者の交差点や学校の前では、自動車は自動的に速度を調整します。

道路もより安全になっています。街灯の上のカメラは全道路を監視しています。例えば、ひったくりなどをすぐに識別することができます。あなたのバッグに埋め込まれたSIMは、その位置を知らせることができます。

スマートな街灯は、さらには多くのことができます。人や車が近づくと、スマートなLED街灯が自動で点灯し、人や車がいなくなれば自動的に消灯します。 この技術は、従来の電球の消費力の半分以上を節約します。

日常生活の支援

ヘルスケアにおけるIoT

私の病気の母が電話をかけてきました。彼女は80歳以上で、一人で生活しています。昨日の朝、緊急用アプリが彼女の健康センサーの値が通常でないと知らせてくれました。遠隔診断により、コンピュータが再びすべてのデータをチェックしてくれました。私は彼女を医者に連れて行くために飛行タクシーを呼びました。医者はすでに結果を受け取っているので、準備してくれていました。母は少し熱がありましたが、幸いにも、その結果はさほど悪くなく、注射のみの処置ですみました。
二ヶ月前に母に移植された3D腎臓が失敗してしまったのかと恐れていましたが、幸運なことに今回はその問題ではありませんでした。
今や、機能しなくなった器官は、3Dプリンタで作成された人工器官に置き換えられています。

2017年にテストが開始されていたので、すでに飛行タクシーのことは聞いたことがあったかもしれません。私は2020年のUber Elevateのドローンがドバイの乗客を輸送した最初のテストを覚えています。これらのドローンは、運転手も飛行に必要な滑走路も必要としないので、大成功でした。ドローンは垂直に離陸し、同じ方法で着陸します。そのため3次元空間での交通ネットワークが可能となり、従来の過負荷の2次元表面の交通ネットワークが必要なくなります。
コンピュータはルートをプログラムし、出発します。この飛行がとても自然で驚きました。垂直で離陸し、騒音や排気ガスのない高層ビル間を浮遊することは驚くべきことです。今のところ、飛行タクシーだけが街中などでの空中の操縦を許されています。しかし、これも変わる可能性があります。科学者は、交通がどのように空中で規制されるかという問題を解決する必要があります。センサー、通信ネットワーク、カメラの監視があるので、この問題はすぐに解決されるでしょう。

続きはこちら:2030年におけるモノのインターネット(IoT)-その2

原文はこちら: The Internet of Things in the year 2030

【IoTレポート】産業用インターネット(IIoT)とコネクティッドマニュファクチャリング:主要なIIoT技術、アプリケー... 世界のIoTに関するレポート公開中