【動画】製造から機械学習へ:IoT対応変革

IoTの製造業におけるIoTリーダー間での会話の特集です。動画では、Platform Industrie 4.0のグローバル代表兼アドバイザーである、「Henning Kagermann博士」、Wipro DigitalのグローバルヘッドIoT、「Jayraj Nair」と、インダストリアルインターネットコンソーシアムのエグゼクティブディレクタ「Richard Soley」が話しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Dr. Richard Soley氏はこう言っています。

「Industry 4.0は地域との取り組みによってものすごい成功を収めましたよね。相互運用性は非常に重要であり、これらの地域的な取り組みと国際的な取り組みが一致している事が分かります。Wiproは、常にインターネット技術やモノのインターネットを製造業、公共交通機関やその他の産業に対応させるかについて考えていたと思います。どのようにテストベッドを使っていたのですか?」

続けて、Henning Kagermann博士がこう言っています。

「私達は、製造業と深く結びついていますが、あなたの場合はすべてに関係していますよね。」

そして、Dr. Richard Soleyが回答します。

「私達が行う40%のテストベッドは製造に関する事です。そして、たくさんの企業が、いったいどの企業がIndustry 4.0に移行するんだと聞いてきます」

Jayraj Nair氏はこう言いました。

「先ほど、40%のテストベッドが製造業に関する事だと言いましたが、その通りです。私達はデジタル変革を行い、パートナーを作って問題の解決などを行ってきました。それによりより高いパフォーマンスをする事ができ、コストも抑えることが出来ます。デジタル変革で、今は事業価値に注目しています。どのようにしてサプライチェーンを変えるか、顧客体験を変えることが出来るかを考えています。」

Dr. Richard Soley氏が言います。

「Jayraj Nair氏が話している事は主にビジネスモデルと組織の変化についてですよね。」

Jayraj Nair氏が返します。

「その通りです。私達は顧客の体験について大きく力を入れています。例えば、顧客がホテルに入る少し前から、部屋の中に顧客が好きな匂いのアロマが出るように設定しておけば、顧客は満足する事が出来ます。インターネットに接続されている環境であれば、複数のサービスを提供する事ができ、複数のサービスを顧客が受けることによってより素晴らしい体験をする事が出来ます。」

Dr. Richard Soley氏が言いました。

「Wiproは今やディープラーニングを行っていますよね。」

Jayraj Nair氏が返します。

「2年前からこの取り組みは行っています。私達はもちろん、パートナー達もテンポを大切にしています。今後はパートナーを結んでいる企業ともっと仲良くなれたらと思っています。」

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方