【動画】IoTの知識グラフ

IBM Research – アイルランドでは、データを新しい方法で通信させるAI技術を開発しています。機械学習と知識グラフ推論を組み合わせて、データを強化することができます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

私達の社会は、モノのインターネット(IoT)で溢れています。何千ものデータが車、工場や店などを飛び交っています。

このようなデータは安全な運転や安全な食品管理、効率的な生産に繋がります。

生成される大量の情報を上手に使用することではるかに多くのことを可能にします。

IBMでは、AI技術を使い今まではできなかったデータを分析する事が出来ます。

機械学習と知識グラフの組み合わせにより抽象的なデータを取り出して見ることが出来ます。

これにより、データからの新しいインサイトをユーザーインターフェースから得ることが出来ます。

IoTによってたくさんのデータが収集されます。
たくさんのデータを収集すればどのデータを使って良いかの判断が難しなりますが、機械にどんなデータを集めてほしいかを伝えるだけで、その要望にこたえてくれます。

IBMはIoTの知識グラフを開発しました。
様々なタイプのデータ取ることが出来ます。知識グラフは、人間の脳と同じような働きをします。

例えば、建物の中に設置してある温度計のセンサーを想像してみてください。
オフィスの職員が「この場所暑いんだけど」と言ったら、発した言葉を解析し、「暑い」と「この場所」についての意味を解析します。

「暑い」事は熱を表し、「この場所」については位置を表す事が解析によってわかります。

そして温度が高い事を機械が認識します。

今回の例では、暑いと発した人の近くには窓があり、日光が差し込んでいた為、ブラインドを下ろす事で解決します。

他にも、エアコンの調節など、様々な事をAIが考え、実行する事が出来ます。
知識グラフは、規模の拡大に対応し、問題を解決する事が出来ます。
リアルタイムで大量のデータの分析をする事ができ、とても便利です。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
医療、自動車産業で拡大する超音波センサー市場。2018〜2023年の間にCAGR10.96%で成長し、55億米ドルの価値... 世界のIoTに関するレポート公開中