【企業DB集】Codasip

主な事業内容

RISC-V Foundation(riscv.org)の創設メンバーであり、オープンスタンダードの支持者でもあるCodasipは、自動的にカスタマイズされたRISC-VプロセッサIPのツールを初めて提供したIPベンダーです。 IODの開発者は、Codasipのシリコン実証済みStudio™ツールスイートによって、ソフトウェアアプリケーションへ最適化されたRISC-Vプロセッサを簡単に製作できます。 Codasipは2006年にブルノ工科大学のスピンアウトとして事業を開始しました。初期開発はCodasipの創設者Karel Masarik(CEO / CTO)のPhD論文に基づいています。2014年初頭には同社の技術は商業展開のため、 AVASTとAVG Technologiesの経営陣の創設者による追加投資でCredo VCが率いる資金調達ラウンドにて$ 2.8Mを調達しました。

直近のニュース

投資ラウンド情報

  • 資金調達ラウンド、2016年7月1日に$2,500,000を調達
  • シードラウンド、2014年4月23日に$2,800,000を調達

リードインベスター: Credo Ventures

会社概要

Codasipは、IoT時代の組み込みプロセッサー技術であり、パフォーマンス、消費電力、およびコストの完璧な組み合わせを提供します。

事業関連ワード
設立日 2014年2月7日
創立者 Karel Masarik
従業員数 11-50
ウェブサイト http://codasip.com
SNSアカウント Facebook: http://www.facebook.com/Codasip/info
Twitter: http://twitter.com/Codasip
お問い合わせ先 info@codasip.com
電話番号 +420739048719
チェコ
日本の拠点 なし
関連する動画

情報の更新: 2018年03月30日現在

様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中