【動画】ユニバーサルロボットとSickはIndustry 4.0の最前線でソリューションを提供

ユニバーサルロボットのコラボレーティブロボットは、産業用ロボットに革命をもたらしました。軽量で柔軟性があり、どんな環境でも作動します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

1800年から現在まで、産業の進歩はとても重要な意味を持っています。現時点では、新しい技術が産業生産を変革しており、この発展に適応し、競争力を維持し続ける必要があります。

ユニバーサールロボットは、そのプロセスを改善することで、顧客のニーズを満たすことができます。

未来においても強みとなるのは人間です。ロボットは、人間の介入を最小限に抑え、危険な作業や肉体労働を伴う作業を行い、運営者に大きな付加価値を与えます。

ユニバーサルロボットは、革新的な産業用ロボットです。ロボットはとても軽量で、柔軟性があり、どんな環境でも稼働する事が出来ます。

タッチで直感的なプログラムが出来るインターフェイスによりプログラミングがさらに簡単になりました。

6つのセンサーは、効率性と安全性を高めることができます。
SICK(1946年に設立された、工場の自動化やロジスティクスの自動化、プロセスの自動化を可能にする、センサーメーカー)は、人工視覚装置から、自動識別スマートセンサー、安全装置まで、インダストリー4.0を対象としたデバイスの製造に数年間を費やしました。

リーダー(読み取り機)は、異なる製品のバーコードを読み取って識別をする事ができます。

ユニバーサルロボットには15個もの安全機能が搭載されており、これらが各アプリケーションの安全を測る基準となっています。

強度制限機能が備わっているため、ロボットが人と接触した時には自動で止まるようにプログラムされています。

6つのマイクロスキャンによって、人が機械に近づいた時にロボットの動きやスピードをコントロールする事が出来ます。

SICKは広範囲の視覚装置を提供します。これらのデバイスは、検査および測定作業の位置を決める時に役立ちます。

この機械を稼働させるにあたって、Inspector Pin 60は部品の位置認識ができる最高のソリューションです。

SICKカメラで収集されるデータで、部品がある位置を正確に捉え、作業が出来ます。
プログラミングは、SICKによって開発されたプラグインを使用して実行され、Universal Robot プラットフォームによって統合されます。プラットフォームは非常に使いやすく、プログラミングにかかる時間がとても短くなります。

未来を一緒に創りましょう。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:
【日本海外事例集】BitPesaとSBI Remitが日本とアフリカ間のブロックチェーン支払いのために提携
Made in China 2025とは