【日本/海外事例集】日本にIoTソリューションを提供するNTTとCumulocityが提携

今後Cumulocityの顧客は、NTTコミュニケーションズのクラウドとネットワークインフラストラクチャサービスを活用するIoTソリューションを作成することができます。

Cumulocityは、NTTコミュニケーションズ株式会社、情報通信技術(ICT)ソリューションおよびNTTの国際通信事業に参加し、日本でIoTソリューションを提供しています。

オペレーションの共同作業の増加、技術の急速な発展、支持的なエコシステムにより、日本のIoT市場は急速に拡大しています。

アナリストたちは、様々な産業の効率を改善するために使用される半導体チップがIoTの革命によって爆発的な成長をすると予測しています。日本は、アジア最大のメーカーであり、またその2面性のメリットに気づいています。

NTT Comの顧客は、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 迅速なマシン
  • センサーとデバイスの統合
  • データ収集
  • 状態監視と予測保守
  • サプライチェーン自動化のためのリアルタイム分析
  • 包括的なデバイス管理リモートコントロール
  • アプリケーションの構成可能なリアルタイムダッシュボード
  • エンタープライズIT統合マイクロサービス

両社は、NTTコミュニケーションズの140のグローバルデータセンターへのさらなる発展を検討する予定です。

「NTTコミュニケーションズは、世界中の大規模なネットワークと、接続性、ストレージ、および処理資産を有しています。これらの資産は、すべての組織がデジタル化へと進む際に不可欠な要素です」

とCumulocityのCEO、Bernd Grossは述べています。

「NTTコミュニケーションズは、日本と世界のIoT市場での大きなチャンスを活用できる非常に良い戦略的パートナーを見つけることができました。」

NTTコミュニケーションズのIoT製品は、Cumulocity IoTアプリケーション・イネーブルメント・プラットフォームにより拡張されます。今回の提携により、NTTコミュニケーションズはCumulocityのIoTプラットフォームを活用し、顧客プラグイン、アプリケーション、補完的なITシステムインテグレーション、ローカルオペレーションおよびサポートの開発を通じて、市場の需要に応えられるようにすることができます。

さらに、Cumulocityの顧客は、NTTコミュニケーションズのクラウドおよびネットワークインフラストラクチャサービスを活用してIoTソリューションを日本およびAPACで作成することができます。

「すべての国のすべての組織がデジタル化しているため、サービスレベルを向上させ、コストの削減、収益の増大などを可能とする、新しいビジネスモデルを運用するために、リモート運用資産を社内のビジネスプロセスと接続する必要があります。」

NTTコミュニケーションズのIoT事務局長、副社長の岡敦子氏はこう付け加えました。

「NTTコミュニケーションズのグローバルで信頼性の高い安全な接続やデータセンター、アプリケーションプラットフォームはIoTにとって不可欠であり、またIoTこそ成長の鍵です。」

原文はこちら: NTT and Cumulocity partner to bring IoT solutions to Japan

関連記事はこちら:【IoT用語集】ICTとは?