【動画】どのようにStreamrがIoTリアルタイムデータをRuuviで動作させているのか

RuuviはBluetoothセンサービーコンで、温度、湿度、気圧、加速度などを計測する事が出来ます。加速度センサーを機械の上に設置すれば、機械の振動に合わせていつその機械が使われたのかがわかりとても便利です。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Henri PihkaraはRuuviについて説明します。

RuuviはBluetoothセンサービーコンで、温度、湿度、気圧、加速度などを計測する事が出来ます。
オフィスにたくさんのビーコンを設置します。

冷凍庫などに設置しておき、毎週取り替えます。
このセンサーを使う理由として、冷凍機能の監視をする事ができるからです。

常に冷蔵、冷凍しておかなければいけない食べ物が輸送される場所にセンサーを一緒に置いておくだけで、冷蔵状態を保つ事ができます。

今度は会議室に行ってみましょう。
Henri Pihkaraはセンサーを一つ隠しておきました。

会議室に人がたくさん集まれば、室温と湿度が上がることが分かります。実際に会議室を使う人にとって、居心地のいい場所にしたいと考えている為、ブロックチェーンで自動的に温度調節が出来るようになっています。

次に、オフィスに入ってみましょう。
オフィス内に設置されているセンサーのデータを見てみましょう。Streamr内でどのようなデータになるか、見ることが出来ます。

ビーコンは、BLE(低電力Bluetooth)通信を行うことが出来ます。
Raspberry Pieは毎秒のようにメッセージを送受信します。

Scriptを立ち上げるとタグが表示され、ここにログオンされているデータをstreamrに送りました。

加速度センサーは方位測定も出来ます。センサーを傾ければ、streamrのプラットフォームの表示が変わります。
力強くセンサーを振れば、加速度センサーが反応します。

センサーをコーヒーマシンの上に置いたら、コーヒーが作られる時にグラインダーが振動するので、振動によって加速度センサーが反応します。
つまり、いつどこでコーヒーが作られたかを知ることが出来ます。

普段機械が使われていない場合、加速度のデータの表示の線は動かず平行になっています。そして、一度使われれば、平行になっていた線のデータが振動に合わせて波打ち線のように表示されます。

今までネットと接続されていなかったコーヒーマシンのようなデバイスを接続するのに便利で、さらに工場などでも、機械が稼働していた時と、稼働していない時を確認する為にも使えます。

このようなセンサーを取り付けるだけで簡単にデバイス接続が実現します。センサーは非常に小さくシンプルで、多様な場面で使うことができます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:【IoT用語集】IoT推進コンソーシアム(ITAC)とは?