AI、クラウド、IoT、デジタルツインがリアル産業とネット産業を融合【2017~2022年】

本レポートの概要は次の通りです
「人工知能(AI)」や「クラウド」「ロボット技術」「モノとネットの接続(IoT)」「設計と保守のデジタル化(デジタルツイン)」といった最新技術が、産業界に大きな変化をもたらしています。デジタルツイン技術は、生産現場に設置してある機器類や製品をバーチャル化して、リアルな世界をネット空間の中で再現します。
AI、クラウド、ロボット技術、IoT、デジタルツインを組み合わせるとことで、製造業は管理、制御、イノベーションの各領域で「次の段階」へと進みます。

本稿ではレポートの一部しか紹介できません。本レポートの全文はこちらでご覧いただけます。https://www.reportbuyer.com/product/5092433

モニタリング機能を向上させることで生産が「見える化」し、そこにフィードバック機能が加わることによって、メーカーとユーザーの距離が縮まります。こうした取り組みによって製造工程が短くなり、製品寿命を長期化させることができます。
クラウドは顧客サービスを向上させますので、どの業界でも再考、再設計、再展開が行われるようになり、企業が生み出す製品やサービスに付加価値が生まれます。

このレポートは次のような内容に言及しています
2017年から2022年までの「産業IoT(IIoT)」「企業」「アプリ」「サービス」「ソリューション」の5項目について将来予想を行いました。
IIoTについては、ソフトとハードの両面に注目しています。グローバルな視点からの見解だけでなく、地域特性についても触れています。
次世代型の技術や企業、ソリューションについても評価を加えています。

このレポートをお読みいただくと、IIoT、データ分析、AIが、産業界に対して今後どのような影響を与えるかが分かるでしょう。
こうした技術革新が、企業が生み出す製品やサービスを改善し、新しい収益源をもたらし、製品寿命を延長させ、顧客満足度を上げることは確実です。こうした点も、レポートの中で述べています。
IIoTはクラウドと切っても切れない関係にあります。この両分野に参加する企業やソリューションについても言及しています。
サース(SaaS)、パース(PaaS)、アイアース(IaaS)といった、クラウドIIoT上のサービスについても評価しています。加えてエッジコンピューティングが今後どのように発展するかについても触れています。
さらにIoTによって可能になる監視、起動、制御について、IIoTデバイスをサポートするクラウドの市場がどのように変動するかも概観しています。

そのほか、

  • ニッチ産業における装置とモノ
  • エコシステム、参加企業、技術、クラウドを活用したソリューション
  • 現代の技術、遠隔操作、ロボット技術、クラウド

についても評価をしています。

本レポートにおけるその他の要点は次の通りです

  • アジャイルロボットは2022年までに市場の重要な地位を占める
  • クラウドロボティクスは製造業におけるクラウドインフラを大きく変える
  • クラウドロボティクス市場の年平均成長率は29.5%で、市場規模は2022年までに182億ドルに達する
  • 2022年までにはIoTの85%以上がいずれデジタルツインの機能を搭載する
  • IIoTは機械学習とビッグデータによってロボットを最適化する
  • デジタルツインはIoTアプリに標準装備される
  • 機械学習型クラウドロボットの進化により、2足歩行ロボット市場は2022年までに365万ドルに達する
  • ソフトウェアメーカーの90%以上がIoT APIとデジタルツインを統合したプラットフォームの必要性を認識している

原文はこちら: Physical and Cyber Industrial Convergence: AI, Cloud Robotics, Industrial IoT, and Virtual Twinning 2017 – 2022