【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|3月22日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

IoTとは何か

IoTはいたるところで見られますが、スマートシティ関連のテクノロジーで利用されているだけではありません。Google Home、 Fitbit、ラップトップなど誰もが毎日使っています。
IoTはまた、運送、鉄道、ヘルスケア、農業、スマートホームスマートシティや装着可能機器などの業界に拡大しています。
IoTは人間、デバイスそしてビジネス間で、インターネットに接続されたデバイスを介して、ネットワークを作り出しています。
センサーが埋め込まれたデバイスが情報を生み出したり収集したりして、それをリアルタイムで発信しています。これにより、人がより良い判断を下したり、テクノロジーを進化させたりすることをサポートします。

話題の元記事はこちら: What is IoT?

ソフトウェアとIoTセキュリティを強化する為にトランプ政権が出来ること

昨年5月にトランプ大統領が、アメリカ政府及び国内のインフラをサイバーアタックから守る方策を立てるようにとの指示を出しました。
IoTデバイスのサイバーアタックに対する脆弱性を示す例として、昨年ボットネットが10万に及ぶIoTデバイスを汚染し、Twitter、NetflixやThe New York Timesのウェブサイトを攻撃したことは記憶に新しいでしょう。
トランプ政権は、セキュリティ・テクノロジーを市場が採用すること、サイバーアタックの危険性に対する自覚を高める、政府が規制を制定する、などを推奨しています。
しかし、我々は、これだけでは不十分だと感じています。更に一歩進めて、デベロッパーがサイバーセキュリティとセキュアコーディングについてしっかりと自覚し、学校でもサイバーセキュリティを教育の一環とし、政府がPCI、HIPAAなどの既存の規格を公認し、その遵守を促すことが必要です。
我々は膨大な量のアプリやコードを研究した結果、以下の手順を推奨します。

  1. ソフトウェアデベロップメントのライフサイクルの全てにおいてテストを実施する
  2. 小さなプログラムの構築から初めて、時間をかけて全てのアプリのランドスケープを開発する
  3. メトリクスを利用してパフォーマンスの向上を図る
  4. コードセキュリティに関してデベロッパーを教育し、必要なツールを提供する

話題の元記事はこちら: What the Trump Administration Can Do to Boost Software and IoT Security

装着型IoTデバイスに何が出来るのか

装着型デバイスと言うのは、特に新しいコンセプトではありません。1286年に開発された眼鏡が装着型デバイスの最初です。
今日の装着型デバイスには、クリップ型、巻きつけ型、スライド型など様々な形態があり、それらがデータを収集・解析したり、他のデバイスとコミュニケーションを図ったりしています。
現在のところ、腕時計タイプが最も一般的なものですが、スマートジュエリーやスマートクローズなどは既に市場に出ています。
装着型テクノロジーは、ヘルス&フィットネス産業において最も広範に普及しています。
Fitbitなどが、利用者に個々のエクササイズや睡眠情報を提供していますが、医療関係者は、ペースメーカーなどの装着型メディカルテクノロジーに期待を寄せています。
お財布機能のある装着型デバイスや、拡張現実を可能にするスマートメガネなども現れており、次の10年間でこれらが一般的に利用されるようになるとも予測されています。

話題の元記事はこちら: What Wearable IoT Can Do

GDPRとは何か?

ヨーロッパでは、2018年5月にデータプライバシーに関する厳格な規制が発こうします。これは現実的には全世界に影響を与え、どのようにクリティカルデータを取り扱うべきかを変革させます。EU GDPRがクラウド、ビックデータやIoTのデータを書き換えるのです。
21stクラウドエクスポの場で、Calligo社のVP、Adam Ryanがこの新しい規制についての詳細とその影響に関して解説を行いました。
DXWordEXPO New York 2018 とCloudEXPO New York 2018はニューヨークで今年11月11-13日に開催されます。
デジタルトランスフォーメーション(DX)がエクスポでの主要分野となります。トランスフォーメーションを成功させ、事業の永続的な存続を目指すには、データ活用にフォーカスし、利用可能なツールを全て活用することが必要です。
過去にFortune500に選ばれた企業のうち88%は既に存在していません。競争環境はとても厳しいのです。

話題の元記事はこちら: What Is #GDPR and Why Should We Care? | @CloudExpo @CalligoCloud #IoT #DevOps

リインベンターの知識:AI機能を持ったIoTの可能性を理解する

リインベンターとは、C-Suiteの調査対象となったエグゼクティブの19%を占める、ファイナンシャル・パフォーマンスとイノベーションをリードする役割を担う層で、これらにIoTを活用しています。
C-Suiteの調査で、IoTを最大限に活用している組織は、先ず結果を念頭においていると言うことが分かりました。これらの組織は到達したい目標と解決したい問題に焦点を当てています。
リインベンターは又、IoTはAI(マシーンラーニング、ARVRなど)と共に利用してこそ効果があると理解しています。
例えば、リアルタイムのセンサーデータをプロセスし、それを活用する為にはAIが必要です。
AIARは比較的新しいもので、急速に成長しています。これらをIoTとビジネス戦略に織り込むことで、リインベンターは、今後現れるであろう新技術に対応できるロバストなインフラを敷設することが出来ます。それにより、新たな事業機会やプロダクト、カスタマーエクスペリエンスを捕らえる準備が出来、組織のコンペティティブ・エッジをキープすることが出来ます。

話題の元記事はこちら: What Reinventors Know. Part 1: Realizing the potential of IoT with AI

AIの採用により製造プロセスの完全自動化、応答性の高いマシンを実現。コグニティブ・ファクトリーを可能にする 世界のIoTに関するレポート公開中