物理産業とサイバー産業の融合:2017-2022年の展望

概要

業界に空前の変革が起こっています。人口知能(AI)、クラウド設備やクラウドプロセス、最新のロボティクス(ロボット学)、IoTの融合により、デジタルツイニング(デジタル連携)が可能になっています。デジタルツイニングはサイバー世界が現実世界のものの複製であること意味しています。つまり、産業設備から物理製品まで、どんなタイプのモノでも、バーチャルでありうるということです。AI、クラウドロボティクス、インダストリアルIoTIIoT:産業用IoT)、そしてデジタルツイニングを組み合わせることで、製造業はその運用管理・制御・革新を全く新しいレベルに転換する態勢を整えているのです。


記事全文: https://www.reportbuyer.com/product/5092433


多くの産業において、そのプロセス、そして製品のライフサイクル全体が変容していくと見られています。これは、可視性・監視機能・フィートバック機能の改善により、製品の製造から使用までの期間が著しく短くなったことによるものです。クラウド技術、「アズアサービス(as a service: 必要な機能を、必要なときに、必要な分だけサービス として利用できる)」モデルと連携すれば、事実上すべての産業において、製品を根本から再考・再デザイン・再展開して付加価値を与えることが出来るのです。


この調査ではIIoTに関する技術・企業・アプリケーション・サービス・ソリューションについて分析しており、2017~2022年の期間中の、ソフトウェア、ハードウェア、サービス業界の全てにおけるIIoT、そして、グローバル世界および地域毎のIIoTに対する展望をレポートしています。次世代の製造業に関連する技術・企業・ソリューションへの評価もまたこの調査に含まれています。またこのレポートでは、製造効率におけるIIoT、データアナリティクス、AIの影響を予測し、どのようにこれらの技術が製品の製造やサービスを最適化し改善していくのか、そして新しい収入源、製品のライフサイクル管理と顧客関係管理という新しい市場参入のチャンスについてもまた分析しています。


これらの調査はIIoTにおけるクラウドコンピューティングとして評価されている技術、関連企業、ソリューションについても評価し、またIIoTにおけるSaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、 IaaS(Infrastructure as a Service)の影響、そして、エッジコンピューティングを後押しするためのクラウドコンピューティングソフトウェア、プラットフォーム、設備についても分析しています。
さらに、IIoTのデバイス・モノのIoT化プロセスにおいて監視・作動・制御を行うクラウドコンピューティング支援という市場の可能性についても予測しています。2017~2022年の期間におけるグローバルな展望・地域毎の展望、そしてデバイス・モノ産業全体についての詳細の予測も含まれています。


この調査はクラウドロボティクス分野におけるエコシステム、関連企業、技術とソリューションもまた評価しており、遠隔操作、ロボティクス、クラウドシステム、ソリューションの連携などの技術の現状と将来展望も含まれています。これは固定タイプ、車輪で動くタイプ、足のあるロボットなど、すべての主要なロボットタイプをカバーしています。そして、2017年から2022年における、クラウドロボティクスのアプリケーション・サービス・コンポーネントに対する、グローバル及び地域毎の見通しを提供しています。またクラウドロボティクスにおけるクラウドサービス支援への市場展望もあり、これにはSaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service), IaaS(Infrastructure as a Service)、RaaS(Robotics as a Service)などが含まれます。クラウドロボティクスの展開モデル毎の予測もあり、これにはパブリッククラウドプライベートクラウドハイブリッドクラウド、そしてコミュニティクラウドが含まれています。


さらに、この調査ではデジタルツイニング技術、ソリューション、使用事例、そしてこの領域のリーディングカンパニーによる貢献、研究開発と早期展開についても評価しています。また、デジタルツイニング製品とサービスに対するアプリケーション開発・運用のエコシステムについて考察し、デジタルツイニングに対する支援技術、実用的な技術についても分析しています。多くの市場セグメントにおいてのデジタルツイニング使用事例、製造シミュレーション、予測解析などの詳細な予測も提供しています。


要点:

  • アジャイル型ロボティクスは、2022年までに市場の重要な要素となる。
  • クラウドロボティクスにより、製造業のクラウド設備へのシフトは容易になる。
  • 統合されたクラウドロボティクス市場は、2022年にはCAGR(年平均成長率)29.5%で182億ドルに達する。
  • Up to 85% of all IoT Platforms will contain some form of Digit Twinning capability by 2022。
  • すべてのIoTプラットフォームの最大85%が、2022年までに何らかのデジタルツイニング(デジタル連携)に対応する可能性がある。
  • IIOTはマシンラーニング(機械学習)とビッグデータ技術を活用してロボティクスを最適化することが期待されている。
  • デジタルツイニングはIoTアプリケーションイネーブルメント(使用可能化)の標準の特徴/機能となっていく。
  • クラウドロボットの収益別トップは、人型ロボットなどの二足歩行タイプであり、2022年までに3億6,500万ドルとなる。
  • 90%以上のソフトウェア関連企業はIoTのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)とプラットフォームのデジタルツイニングが必要であると認識している。

対象読者:

  • AI関連企業
  • クラウド関連企業
  • ロボット技術関連企業
  • すべてのIoT関連企業
  • データマネジメントベンダー
  • 産業オートメーション関連企業
  • すべての業界における企業


レポート全文ダウンロード: https://www.reportbuyer.com/product/5092433 


Reportbuyerについて 

Reportbuyerはすべてのマーケットにおける調査レポートをトップ出版社から配信する産業インテリジェンスのトップソリューションです。 
https://www.reportbuyer.com 


詳細情報:

Sarah Smith 
Reportbuyer.com 調査顧問
Email: query@reportbuyer.com 
Tel: +44 208 816 85 48 
Website: www.reportbuyer.com

原文はこちら: Physical and Cyber Industrial Convergence: AI, Cloud Robotics, Industrial IoT, and Virtual Twinning 2017 – 2022

成長するIIoTプラットフォーム市場:プラットフォームの種類、アプリケーション領域、業種および地域別の2023年までの世... 世界のIoTに関するレポート公開中