Epicor、Fabtech 2017で賞を受賞した製造ソリューションを発表

Epicor ERPは、企業が成長のためにデータストリームを活用するのに役立ちます

ビジネス成長を促進する業界固有のエンタープライズソフトウェアの世界的プロバイダーであるEpicor Software Corporationは、本日、メーカー向けの技術ソリューションをFabtechにもたらしたと発表しました。

製造現場がますますデジタル化されるにつれ、いくつかの新しい接続とデータストリームが作成されています。 その結果、組織は情報の爆発的な増加をインテリジェンスと洞察に変えて、リアルタイムの意思決定をあらゆるレベルで、組織内のあらゆる機能、および拡張サプライチェーンでサポートする必要があります。 しかし、もともと、生産性向上のために事業活動を自動化して統合することを意図したERP(Enterprise Resource Planning)システムは、文字通り運用パフォーマンスを低下させるようになり始めました。

Epicor Softwareの製品マーケティング担当副社長Terri Hiskey氏は、

「ERPのデータマイニングの利点を最大限に活用するためには、単純化することも重要です。 ERPを簡素化することで、企業はより高い応答性を達成することができます。応答性が向上すると、組織は新しい要件、破壊的な力、機会、脅威に迅速に対応できます。」

と語ります。

メーカー用に構築されたソリューションによるデータ分析の最適化

Epicor ERPは、今日のユーザーのニーズに合わせて、レガシープラットフォームの複雑さを排除することなく、ビジネス全体の成長とチャンスを追求するための選択肢、柔軟性、機敏性を提供するグローバルビジネスソフトウェアソリューションです。 ビジネス向けのエンドツーエンドの単一のソフトウェアソリューションであるEpicor ERPは、クラウドまたはオンプレミスで利用できます。 継続的な成長と収益性を達成するための最優先事項であるコスト削減、プロセス合理化、企業全体の顧客対応力の向上に重点を置いた堅牢な機能を備えたモジュラーアプローチを提供します。

今日の製造業者にさらに機能を提供するために、Epicorは製造実行システムMattec MESも提供しています。 Mattec MESは、現場の機器やオペレータからのデータをリアルタイムで収集し、不正確で時間のかかる手作業によるデータ収集を最小限に抑えます。 「今すぐ」の情報を手に入れて、プロアクティブになり、生産上の問題が発生する前に予測し解決することができます。 リアルタイムの洞察は、重要な問題を特定し、廃棄物を削減し、品質と顧客サービスを向上させるのに役立ちます。
ライティング・サービス社のエグゼクティブ・バイス・プレジデント、Ken Kane氏は、

「私たちの業界は、始まって以来、特に製品ライフサイクルの短縮が著しく変化しています。これは、これまで以上に迅速に製品開発を進めなければならないことを意味します。 Epicor ERPは生産現場での接続を可能にする必要性を取り入れることで、これをもっと簡単に行うことができます」

メーカー向けのEpicor ERPソリューションの詳細については、11月6日〜9日にシカゴのFabtech 2017で開催されるEpicorブースC40905をお控えください。

Epicor Software Corporationについて

Epicor Software Corporationはビジネスの成長を促進します。 私たちは、製造、流通、小売、サービス業界のお客様のニーズに合わせて設計された柔軟性の高い業界固有のソフトウェアを提供しています。 お客様の独自のビジネスプロセスと運用要件に関する40年以上の経験が、クラウド内または敷地内のすべてのソリューションに組み込まれています。 Epicorソリューションは、業界を深く理解することで、複雑性を管理し、効率を高め、リソースを解放して成長に集中することができます。 詳細については、Epicorに接続するか、www.epicor.comをご覧ください。

Epicor、Epicorロゴ、Epicor ERPは、Epicor Software Corporationの米国およびその他の国における登録商標または登録商標です。 参照されるその他の商標は、それぞれの所有者の財産です。 本書に記載されている製品およびサービスは、Epicor Software Corporationによって製造されています。

原文はこちら: Epicor to Present Award-Winning Manufacturing Solutions at Fabtech 2017