KINTEX、6月の韓国最大の未来技術大会、「ロボユニバース&Kドローン」、「VRサミット」を発表

ロボユニバース&Kドローン(ロボユニバース)とVRサミットは4年連続でソウルに戻ります。ライジング・メディア社と3DRホールディングスが主催するB2B(ビジネスツウビジネス)展示会とコンファレンスは、6月28日(木)から30日(土)まで、KINTEXホール7と8でインダストリー4.0の最新コア技術を展示します。

この2つのイベントは、Inside 3D PrintingとTechnoscape Asiaと共に開催され、毎年6月下旬にKINTEXの「テクノロジーウィーク」で複合メガイベントを開催します。ソウルイベントは、韓国のサービスロボット、IoTドローン/ UAVAIVR / AR / MR、そして将来の技術の最前線に位置し、それぞれの分野で世界初の旅行コンベンションの一部です。今年初めにラスベガスで開催された国際コンシューマーエレクトロニクスショー(CES)の重要なテーマは、IoTAIで、ほとんどの展示品には技術が吹き込まれていました。 ロボユニバース&VRサミットは、「韓国CES」と呼ばれ、高速インターネットと技術主導国の最新の開発動向を訪問者に示すことを約束します。
展示ホールに出席し、国際会議に出席することで、ロボユニバースの出席者は、社会、医療、軍事、防災、農業、教育、娯楽などの分野で、サービスロボットや無人技術のさまざまなアプリケーションや開発動向を見出すことができます。
日本ドイツ、米国などの先進国でよく見られる高齢化社会のために、人間の労働コストを削減するために、ホスピタリティ、レジャー、ライフスタイル、シルバー産業などの産業で人間に取って代わるロボットを見つけることは容易になりました。これらのグローバルな変化を反映して、2018 ロボユニバース会議&エキスポの主な焦点は、サービスロボット技術とパブリックセクター市場参入になります。

VRサミットでは、最先端の技術機器、アトラクション、クリエイティブコンテンツ、アダルトコンテンツ、VR / AR / MR分野の心理学的治療、ゲーム、建築、起業家など様々なアプリケーションを見て体験するだけでなく、 / CRは、中国市場進出からシリコンバレー投資に至るまで、25セッションで2日間の会議に出席し、利益をえるために奮闘できます。
今年は、昨年発足した「グローバルセンサーフォーラム」が今年に入り、ロボットやVRの必須技術である各種センサの展示会にも出展します。 KINTEXはクラウドコンピューティングビッグデータ、スーパー/クアンタムコンピューティング、サイバーセキュリティを中心にテクニカルアジアを新しく立ち上げます。

「韓国は、世界で最も優れたICTとIoTインフラの1つを持っています。 韓国は急速に発展し、デジタル業界の強大な地位を占めています。 韓国企業は、米国、英国、ドイツなどの投資家やバイヤーに特に魅力的です。これが、韓国のイベントが他のイベントの中で最も成功した理由です」

とライジングメディアのアジアパシフィックマネージングディレクターは述べています。

詳細および登録については、 robouniverse.com/seoulvirtualrealitysummit.com/seoulをご覧ください。

原文はこちら: KINTEX Presents Korea’s Largest Conventions in Future Technology, ‘RoboUniverse & K Drone’ and ‘VR Summit’, in June

スマートファクトリー市場は2017年から2022年の間に9.3%のCAGRで成長。技術、コンポーネント、エンドユーザー産... 世界のIoTに関するレポート公開中