Cognizant、日本のプロダクトソリューションカンパニーを買収

Cognizantは、大阪に本社を置くIoT、エンタープライズモビリティなどを含めたデジタル戦略、製品設計、エンジニアリングを専門とする企業、株式会社ブリリアントサービスの買収を発表しました。
これによりCognizantのデジタル・トランスフォーメーション・ポートフォリオの機能を拡張し、共同事業を構築できるようにします。

2004年に創立されたブリリアントサービスは、革新的なスマートデバイスソリューションを活用して、企業の接続されたビジネス構築を支援します。魅力的な顧客体験を創り出そうとしている日本の多くの企業に、エンドツーエンドのAndroidやiOSアプリケーション、ソフトウェア、ユーザーエクスペリエンス設計、オンラインからオフラインサービスまで提供しています。そのクライアントの名簿には、日本のトップの通信、製造、消費財企業の多くが含まれています。

取引条件は明らかにされていませんが、この買収の一環として、日本市場で豊富なデジタルソリューションの経験と見識を持つ70人の専門家チームがCognizantに加わります。

「インテリジェントな製品とソリューションは、顧客や技術が進化していく上で、需要に迅速に対応できるリアルタイムのビジネスを構築するための鍵です」

とアジア太平洋担当のJayajyoti Sengupta氏は述べています

「あらゆる業界の製品はセンサ、分析、新しいコンテンツで「スマート」になっています。ブリリアントサービス株式会社と協力することでスマートなコネクティッドデバイスソリューションの計画、実装、管理における豊富な経験と日本市場の理解、日本におけるデジタルサービスの提供を補うことができます。大阪と東京の間でCognizantの存在を広げていきます。」

ブリリアントサービス株式会社のCEO、杉本佳彦氏は、こう語っています。

「Cognizantの一員になることで、お客様に統合されたソリューションを提供し、成長機会を追求する能力を拡大することができます。顧客がより機敏で革新的なビジネスを構築できるよう支援するという共通のコミットメントを持って、私たちは、専門スキル、グローバルな経験、最高のデジタルソリューション、そして業界で高い評価を得ているベストプラクティスを提供することを楽しみにしています。」

ブリリアントサービス株式会社の詳細については、http://www.brilliantservice.co.jp/をご覧ください。

Cognizantについて

Cognizantは、デジタル時代のビジネス、運用、技術モデルを変革する、世界有数のプロフェッショナルサービス企業の1つです。独自の業界ベースのコンサルタント・アプローチは、より革新的で効率的なビジネスの構想、構築、実行を支援します。米国に本社を置くCognizantは、Fortune 500で230位にランクされ、世界で最も賞賛されている企業の一つとして継続的に上場しています。

原文はこちら: Cognizant Acquires Brilliant Service, a Japan-Based Intelligent Products and Solutions Company

関連記事はこちら:【IoT用語集】デジタライゼーションとは?