【動画】デモ:IoTメトリクス管理によるデータの暗号化と保護

IoTのデータをeSEとIoTメトリクスを駆使し暗号化する方法は、その高い安全性が航空電子工学システムで実証され、現在多方面で活用されています。5G技術の1つであるLPWA、IDEMIA eSE、IoTメトリクスのいずれかを介して接続すると、航空機の離着陸と空港のエンジニアとの間のデータを暗号化出来ます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

今回のデモンストレーションには、複数のパートナーが関わっています。。

このデモの目的は、電子ボードが様々なセンサーやデータを収集、そして、そのデータをクラウドに送信出来ることを実証する事です。

クラウドに送られたデータは、自己分析サーバーに送られ、このサーバーでデータを暗号化し、さらにパートナーにアクセス権を与えます。

アクセス権を得たパートナーはメンテナンスを最適化する事ができます。

IDEMIAは電子ボードの開発に力を入れています。電子ボードは長時間駆動出来るバッテリーを搭載し、取り外し出来るボードには加速減速および衝撃センサーが付いています。

ボードには、セキュリティを保護する要素を含んだのも備わっています。この要素は、センサーやデータを暗号化する事が出来ます。

そして、暗号化されたデータは管理オペレーターに自動で送信されます。

基本的に、飛行機の着陸装置に搭載されており、飛行機の衝撃を測る事が出来ます。

飛行機が駐機場に入ると、デバイスは自動的に管理タブレットにデータを自己分析サーバーに送信します。

セキュリティ要素を組み込むことは、必要不可欠で、様々なセンサーからのデータの暗号化をする事で顧客のプライバシーを守ることが出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
製造業に多大な影響を与えているIIoT。その各分野での実装例と将来の成長予測について 世界のIoTに関するレポート公開中