【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|3月15日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

オープンIoTとは何を意味するのか

Siemensの事業は3つの目標を元に営まれています。それは様々な業界のリーダー達が経費を節減し、信頼性を向上させ、生産性を高める手助けをすることです。
企業のデジタル戦略には2つとして同じものはありませんが、まず機器とオペレーティング環境を業界のクラウドプラットフォームに接続するところから始まるという根幹部分はすべて同じです。
MindConnectを利用することで、上記の部分はとても簡単に達成することができますが、次に重要なステップは、IoTオペレーティングシステム、Mindsphereを使って、データを知識に変えそれに価値を持たせることです。
同時にデータを基盤にしたビジネスモデルへの転換は、すべての組織に価値を提供します。
IoTから最も恩恵を受ける組織というのは、皆が協力してオープンエコシステムを作り出せる組織です。
これは、共有のアプリプログラミング・インターフェイスや開発ツールを持ち、すべてのユーザーがこれにアクセスすることができ、新しいアプリやサービスを構築したり、統合したりできるプラットフォームを持つことです。

話題の元記事はこちら: What we mean by an open Internet of Things (IoT)

並外れた次のステージのIoTが持っているもの

次の、並外れたIoTのステージは接続されたものをコネクトすることを含みます。接続されたエコシステム(車や家や都市など)が相互交流を図り、IoTの世界を創造することです。
AlexaやGoogle Assistantなどの家庭用IoTデバイスは、利用者の生活(習慣)に統合することで、自らの能力を高めることができます。そして、例えばAlexaは家庭内だけで存在するのではなく、スマホ内にも存在し家から離れた場所でのスマホを通して様々なコマンドを発信することを可能にします。
IoTの世界に保管されている個人情報を守るために、強固なバリケードを張ることは可能です。
ネットワークは、NB-IoTなしには語ることはできません。
NB-IoTはコミュニケーションをスーパーチャージし、バッテリー寿命を延長します。
基本的に、これは私たちのデバイスが接続されるスーパーネットワークとなり、NB-IoTの普及は、スマートウォーターや電気メーターなどのセンサ―や機器の最大限の利用を可能にし、都市同士を接続し、信号管理なども可能にするでしょう。

話題の元記事はこちら: What the next extraordinary stage of IoT holds | IOL News

ヘルスケアIoTとそのセキュリティに関して知っておくべきこと

この記事では、IoTがヘルスケア業界に引き起こしている弊害とセキュリティに関する問題を伝えます。
現状、ヘルスケア業界でのIoTの開発は、ヘルスケア施設及び組織内でのものに限られています。職員と患者の行動パターンをセンサーで感知し、生産性と効率の向上を目指すことが主目的となっています。
近年では高齢者の自宅での介護・看護に関連してIoTが利用されることも聞かれるようになりました。
最新情報としては、装着型のバイオセンサー・デバイスが利用者の肌の温度を測定し、腫瘍の可能性を測るデバイスが、実証実験段階に入っているということです。
デバイスの中には、一定時間または一定の条件の下で患者に自動的に投薬を行うものもあったりするため、サイバーセキュリティは大変重要な問題です。
これに対応するためには、本人特定のレイヤーをデバイスに追加することが必要です。

話題の元記事はこちら: What to understand about health care IoT and its security

デベロッパーがIoTに関して知っておくべきこと - DZone IoT

この記事では、デベロッパーがIoTプロジェクトにかかわる際に必要とされるスキルについて解説します。
まず、ビジネスに関しては、(1)製品のすべての工程について考えを巡らせ、(2)自分が構築しているソリューションのビジネス部分に関して深い知識を持ち、(3)データがどのように利用されるかを理解し、(4)ビジネスにとってソリューションがどのような意味を持つかなどを考慮することが必要です。
セキュリティに関しては、既存のセキュリティがすでに万全に機能していることを前提に、構築しているシステムのセキュリティを確保し、広範な意味でのセキュリティを考慮することが必要です。
プラットフォームに関しては、モバイルプラットフォームとクラウドプラットフォームに関する知識を持ち、ストリーミング・テクノロジーに関して学ぶことが必要です。
その他Raspberry piについての知識を得て、ソフトウェアとハードウェアに関しても知識を得ることが必要です。

話題の元記事はこちら: What Developers Need to Know About IoT – DZone IoT

IoTが印刷管理サービス(MPS)から学ぶべきこと

組織がMSPに対処した経験からIoT戦略に生かすべき5つのレッスンについて紹介します。

  1. 非効率な部分をビジネスから排除する
  2. システムにインテリジェンスを組み込み生産性を向上する
  3. セキュリティを優先順位のトップとして扱う
  4. 収集したデータを解析し、それに対して行動を起こす
  5. 個人の経験の中にIoTを組み込む

全体としてみた場合、AIとマシーンラーニングの分野で得られた進歩とMPSはIoTを主要分野に活用しようとする組織や個人に価値あるレッスンを提供してくれます。

話題の元記事はこちら: What can the internet of things learn from managed print services?