【日本/海外事例集】京セラ、SIGFOXと提携して日本で最低価格のIoTサービスを開始

新しいLPWAサービスが東京で利用可能になり、2020年には全国展開され、より安全で快適な社会の到来に貢献します

京セラ株式会社は、京セラコミュニケーションシステムズ株式会社と SigfoxグローバルIoTネットワークに基づき日本でのサービスを提供しています。現在、東京都全域、神奈川県、大阪府で使用可能です。2018年の初めまでには日本の36都市での使用を、また、2020年には全国での展開を目指しています。2021年までに100億円の売上目標を達成する予定です。

IoT市場では、コネクティッドデバイスの数が2020年には約530億に達する見込みで、世界的に拡大し続けています。しかし、電源のない場所には導入することができません。この問題に対処するため、KCCSは低コストで長寿命の画期的なIoTソリューションを提供するSigfox LPWA(低電力広域)ネットワークを導入しています。
低コストと長寿命のバッテリーの問題は日本の多くの企業がIoTを活用する上で悩みのタネとなっていました。

今回のパートナーシップにより、米国および中国に次いで世界第3位のIoT市場である日本でのSigfoxネットワークの最初の導入となります。

KCCSは、デバイスメーカやIoTサービスプロバイダなど、さまざまな分野の約70社と提携しています。Sigfoxネットワークは、日本の以下のIoTサービスとアプリケーションをターゲットにします。

  • ユーティリティ
    リモートメーターの読み取りと水漏れの検出
  • リテール
    自動販売機修理および補充のためのリモートモニタリング
  • 環境
    気温、降水量、風、河川水位のモニタリング
  • 物流&輸送
    コンテナ、パレット、シャーシ位置情報管理
  • 資産
    紛失または盗難の場合のレンタル機器の追跡
  • 医療
    データ収集やモニタリング、高齢者、子供やペットのモニタリングなどの医療アプリケーション
  • 農業
    温室の温湿度のモニタリング、土壌状態の監視と機械管理

ケーススタディ

これらのサービスは、すでにさまざまなアプリケーションが導入され日本に影響を与えています。

OPTEXカンパニーリミテッドによるスマートパーキングシステム

東京のコインパーキングでは、Sigfoxで接続されたスマートな車両検知センサーを使用しています。
各駐車スペースにはOPTEXの車両検知センサー「ViiK」があり、クラウドサーバーの使用状況と空席状況を通知します。
トレンチングや地下配線の作業を排除することにより、駐車管理システムをより低コスト、短時間で設置することができます。

Ai-Cynap Co.、Ltd.による温度モニタリング

Strawberry Conesが運営する宅配ピザチェーンの温度モニタリングでの使用、特に冷蔵・冷凍設備の温度や作業スペースを監視しています。
温度監視をしっかりと行い、食品のより高い品質を維持することが可能になります。
ピザ生地などの温度データは15分ごとにクラウドに送られ、特別なアプリケーションで監視されます

Sigfoxについて

Sigfoxはモノのインターネット(IoT)を支えるグローバルなコミュニケーションソリューションを提供する世界有数のプロバイダです。 Sigfoxネットワークの機能は次のとおりです。

  1. 費用対効果
    IoT使用に適した低コスト計画
  2. シンプルなデバイス
    シンプルでオープン&ロイヤリティフリーのテクノロジー通信によりモジュールの初期コストを下げる
  3. エネルギー効率
    数年間のバッテリ寿命
  4. グローバル・リーチ
    1つのネットワークで世界をつなげています
  • 送信速度
    100bps(アップロードのみ)
  • 無線システムの周波数
    ウルトラナローバンド
  • 超狭帯域
    920MHz帯域幅(ライセンスフリー)
  • 送信距離
     最大数十キロ

 

京セラについて

Kyocera Groupの親会社でありグローバルの拠点である京セラ株式会社(http://global.kyocera.com/)は、1959年に創業されたファインセラミックスメーカーとして有名です。

セラミックスの材料を金属と組み合わせ、さらに他の技術と組み合わせることで、携帯電話、電子部品、プリンター、複写機、太陽光発電システム、半導体パッケージ、切削工具などのリーディングサプライヤーとなっています。
2016年3月期の連結売上高は1兆4800億円(約131億米ドル)となりました。 京セラはClarivate Analyticsの「トップ100グローバル・イノベーター」リストに掲載され、フォーブス誌の2016年の「世界2000」の世界最大の上場企業リストで531位にランクされています。

京セラコミュニケーションシステムズ株式会社(KCCS)は、京セラ株式会社の子会社であり、ICT、通信エンジニアリング、環境、エネルギーエンジニアリング、マネジメントコンサルティングサービスを提供しています。
詳細については、http://www.kccs.co.jp/をご覧ください。

連絡先
京セラ株式会社(日本)
Tokuo Matsuura、+ 81-(0)75-604-3416
コーポレートコミュニケーション
webmaster.pressgl@kyocera.jp
ファックス:+ 81-(0)75-604-3516。

原文はこちら: KYOCERA Launches Lowest Cost IoT Service in Japan in Partnership with SIGFOX