【ソフトウェアDB集】Thingworx 8

Thingworx 8とは?

ThingWorx 8は産業用IoT専用に設計されています。
ThingWorxプラットフォームには、ネイティブの産業用接続、異常検出、モデルベースの開発環境など、産業向けに設計された特定の機能が含まれています。
ThingWorx 8の機能は以下の通りです。

  • 産業機械とソースデータとの接続
  • IoTクラウドプロバイダからのソースデータの取得
  • データを分析し正常値、正常な動作を算出、その正常値からズレた際にアラートを受信
  • 豊富なハンズフリー拡張現実体験の作成、提供

機能性および効果

アプリケーションと拡張現実(AR)体験の迅速な作成と展開
Thingworx 8は、プラットフォーム全体で革新的なデジタルツインテクノロジを活用することで、アプリケーションとARエクスペリエンスをより簡単に開発することができます。

活力のあるパートナーエコシステム
ThingWorx 8は、世界最大の工業用IoT企業のネットワークの1つです。

究極の柔軟性
ThingWorx 8は、クラウド、サイト、またはハイブリッドアプローチのさまざまな方法で展開でき、幅広いデータソースをアプリケーションやARエクスペリエンスに統合できます。

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 ThingWorx (PTC)
ユースケース
ソフトウェアカテゴリ IoTアプリケーション
OS ウェブブラウザ
ライセンスタイプ SaaS(ウェブベース)
ローンチ 2017年6月
ウェブサイト http://www.ptc.com/en/thingworx8
サポート https://www.ptc.com/en/support/login?returnUrl=https://www.ptc.com/en/support
関連する動画

導入事例

  • Joy Global:Joy Globalは、地下および地上の採掘に使用される重機を製造ししているアメリカの会社です。ThingWorxプラットフォームを展開することで、データ収集プロセスが安定し、顧客が増えました。
  • Embedded Energy Technology (EET) :100年以上も変わっていない水処理・下水道システムを変ようとしています。ThingWorxプラットフォームの柔軟性と迅速なアプリケーション開発ツールは、ゼロから何かを構築するよりもはるかに現実的な提案です。ThingWorxプラットフォームにソナー、レーザー、計測センサーを組み込むことで水処理・下水道システムを変えていきます。

情報の更新: 2018年03月12日現在