【動画】Telecom Opportunities:IoTを収益化する方法

モノのインターネット(IoT)は、ほとんどの通信会社にとって収益を生み出すため高く評価されています。IoTネットワークに接続されている世界中のデバイスが巨大な市場となる事が、期待されています。Ronald Van Loonはビジネス変革の技術開発について、詳しく説明しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

このApple Watchを見て下さい。これはIoT技術を駆使することでテレコムがどのように新たなビジネスの機会を創出しているかが分かります。

4G通信によっておこなわれる通信は、ユーザーにとってとても高い機能性を与えます。

さらに、テレコムの収益を上げるだけではありません。テレコムが得た収入の96%はサービス事業に投資しているのです。

IoT技術は産業の未来をより明るくするものです。
テレコムが提供しているIoTサービスはとても複雑なネットワークで出来ています。

テレコムのIoTネットワークサービスは多くの産業に影響を与えています。

それでは、IoTの収益化について、すこし説明しましょう。
スマートシティと公共交通機関は、オンラインプラットフォームを作る事で渋滞を避けることが出来ます。

天気や乗り物からデータの収集をする事で、それらのモニターが可能となり、渋滞している場所をリアルタイムでマップにして表示する事ができます。

それにより、人々が交通機関を使って目的の場所にスムーズに移動できます。テレコムは、対象となるシステムに応じてソリューションを統合し、新しく創っています。

スマートホームにはIoT技術が使用されている点がいくつもあります。例えば、エアコンの温度調節はリモートでコントロールできます。
スマートTVは、自動であなたの好みのテレビ番組を認識し、録画する事が出来ます。

さらに、IoTの技術は農業にも使われています。
IoTセンサーが作物の状態をモニターしてくれるため、農家の人に自由な時間を多く与える事ができさらに、農薬の使用を少なくする事が出来ます。

スマートシティやスマートホーム、スマートな農業などは、素晴らしいIoT技術が使われているることが分かりますね。

リアルタイム接続や、データ分析など、様々な技術を取り入れ、日々テレコムは進化しています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:
【日本海外事例集】日立INSソフトウェアとZoomdataが提携 日本でビッグデータ分析市場を展開
【IoTおすすめ本】IoTが拓く次世代農業-アグリカルチャー4.0の時代-