ハイテク産業の展開が読める、モノのインターネット(IoT)に関する10の驚くべき事実

これらの10の事実は、ハイテク産業の次の展開を読むのに役立ちます。

さまざまなデバイスとクラウドを接続するIoTは、ハイテク企業の次なる成長市場と広く考えられています。IntelやCiscoなどの企業が専用のIoTユニットを立ち上げ、新しいウェアラブル、スマートホームデバイス、その他の接続機器が市場に浸透しています。


IoT市場をよりよく理解するために、10の重要な事実と数字を見てみましょう。

1. 2021年までに1.4兆ドルの市場となる

調査会社IDCは、IoTのハードウェア、ソフトウェア、およびサービスに対する世界的な支出が、今年の約8,000億ドルから2021年には約1兆4,000億ドルに増加すると予測しています。今年、最大の投資となるであろうIoT分野には、製造業、管理、およびスマートグリッド技術などがあります。

2. 2020年までに240億台のデバイス

BIインテリジェンスは、2020年までに240億台のIoTデバイスが導入されると予測しています。その内訳は、企業(112億台のデバイス)、政府(77億台のデバイス)、消費者(50億台)と3つの事業体に分けることができます。

この予測は、以前シスコが2020年までに推定される500億デバイスという予測を立てましたが(2011年に作成されたもの)それよりもはるかに低いです。しかしABIリサーチが目標とした2022年までには210億台のデバイスの導入は、堅い予想と言えるでしょう。

3. 2030年までに産業集積投資に60兆ドル

General Electric(GE)は、2015年に産業用IoT(IIoT)市場への投資は、今後15年間で60兆ドルに達すると主張しています。 GEは、これらの接続されたデバイスを、データ分析して企業全体の生産性を向上させるクラウドプラットフォームであるPredix Cloudにリンクさせています。

4.メーカーの60%が接続されたデバイスからのデータを使用する

IDCは、世界のメーカーの60%が、すでに製品ポートフォリオを最適化するために、接続された製品や生産ラインから獲得したデータを使用していると推定しています。同社は来年までに、これらの分析主導型ソリューションの普及により、製造業者のイノベーション提供とサプライチェーンのパフォーマンスが15%向上すると考えています。

5.大企業はより多くのIoTソリューションを採用します

Forrester Researchは昨年、グローバル企業の回答者の23%がIoTソリューションを使用しているのに対し、中小企業(SMB)のわずか14%がIoTソリューションを使用していると発表しました。その理由は、航空会社や銀行などの大企業では、中小企業に比べてIoTソリューションを使用する機会が多く、ビジネスを効率化できるケースが多いためです。

6.米国企業のほぼ半数がIoTデータ侵害で被害を受けた

今年の初めに、Altman Vilandrie&Companyの戦略コンサルティンググループは、19業種にわたって約400人のIT企業の責任者を調査しました。そこからこれら企業のほぼ半数がIoT関連のセキュリティ侵害を経験していることがわかりました。

年間収益が5百万ドル未満の企業では、データ侵害の平均コストは収益の13%でした。大企業となると、数千万の損害が報告されています。

7. IoTセキュリティ


GartnerはIoTセキュリティソリューションへの支出が2016年の3億4,800万ドルから2020年には8億4,000万ドルに増加すると予測しています。その理由はデータの流出です。これは、シスコのような従来のルータやスイッチの低速な販売を相殺するために、高成長のIoTやセキュリティ事業に依存している企業にとっては良い知らせです。

8.ウェアラブル市場は、2019年までに250億ドルに相当する可能性がある


一方、フィットネストラッカー、スマートウォッチ、その他のウェアラブル製品は、消費者をIoTに結びつけています。 CSS Insightは、この市場が2015年の150億ドルから2019年には250億ドルに拡大すると予測しています。その間、出荷台数は8400万台から2億2500万台に増加する可能性があります。

9.530億ドルのスマートホーム市場


Zion Researchによると、スマートなスピーカー、電化製品、ライト、ロック、その他のオートメーション機器を含むスマートホーム市場は、242億ドルの市場から2022年には530億ドルに成長する可能性があると考えています。しかし、プライバシーとセキュリティの懸念は、これらのデバイスが主流となるのに支障をきたす可能性があります。

10.最初のIoT 上場投資信託(ETF)は今年S&P500を超えました

昨年、IoT市場の成長を目指す最初のETFとしてGlobal X Internet of ThingsのThematic ETF(NASDAQ:SNSR)が導入されました。 ETFのトップホールは、STマイクロエレクトロニクス、ガーミン、AMS AG、センセタ、スカイワークス・ソリューションズを含みます。 ETFは今年30%以上を集め、S&P500の16%の利益を大きく上回っており、市場での広範なプレイを探している投資家にとっては実用的な投資になる可能性があります。

原文はこちら: 10 Jaw-Dropping Facts About the Internet of Things

関連記事はこちら:【IoT用語集】M2Mとは?

ハイテク産業の展開が読める、モノのインターネット(IoT)に関する10の驚くべき事実 世界のIoTに関するレポート公開中