Tieto Empathic Buildingは、ワイヤパスメッシュ接続に依存しています

TietoはEmpathic Buildingサービスのためのワイヤパスをライセンス供与しています。Tieto Empathic Buildingは、顧客ビル内のノルディック半導体nRF52ラジオハードウェアとワイヤパスメッシュネットワークを使用しています。

Tieto Empathic Buildingサービスは、活動に基づいたオフィスのような現代の作業環境や学習環境におけるエンドユーザーの問題を解決しています。適切な場所にある適切なデータは、不要な管理を排除し、ユーザーの幸福とパフォーマンスを向上させます。ワイヤパスは、スマートメータリング、照明、資産追跡、物流、環境センサーなどの大規模な工業用IoTアプリケーション用の集中化されていない無線通信プロトコルです。無制限のスケール、超低電力動作、高信頼性を実現し、導入が容易です。

「ICTの能力を必要としないサービスをお客様に紹介したいと考えていましたが、当社のソリューションは電子レンジと同様に簡単に実装できます」

とTomi Teikko氏は語っています。堅実なユーザーエクスペリエンスを提供するためには、Tieto Empathic Buildingの頭部ワイヤパスは、Empathic Buildingのアプリケーション要件によくマッチします。スケーラブルで信頼性が高く、配備が容易で、総所有コストが効率的です。それは電波スペクトルにも優しく、いくつかのネットワークが干渉なしで共存する必要がある建物やオフィス環境では非常に重要です。

「Tietoとのパートナーシップは、ワイヤパスメッシュの多機能性を実証したものであり、実行時でも異なるネットワークパラメータ間のトレードオフを行うことができるということは、目的に合ったものを確保できることを保証します。さまざまなユースケースやアプリケーションのための接続性を提供しています。Tietoは新しいサービスプラットフォームに当社の技術を採用したことを誇りに思っています」

と、Wirepas CEOのTeppoHemiäは述べています。

ワイヤパスとは

ワイヤパスは、お客様に最も信頼性が高く、最適化され、スケーラブルで使いやすいデバイス接続を提供することに重点を置いています。ワイヤパスメッシュは、任意のデバイス、任意の無線チップ、および任意の無線帯域で使用できる、非集中型の無線通信プロトコルです。ワイヤパスメッシュでは、すべての無線デバイスがネットワークのスマートルータであるため、従来のリピータは不要です。接続されたデバイスはネットワークを形成します。ワイヤパスはフィンランドのタンペレに本社を置き、フランス、ドイツ、韓国、英国、米国にオフィスを構えています。当然下記に接続できます。
http://www.wirepas.com – Twitter – LinkedIn

Tietoとは

Tietoは、データ駆動型世界の重要な機会を捉え、それを人々、ビジネス、社会の生涯価値に変えることを目指しています。私たちはソフトウェアとサービスの機能を共同イノベーションとエコシステムの強力な推進力と組み合わせることで、お客様のビジネスリニューアルのための第一選択肢を目指しています。 http://www.tieto.com

詳細は下記にお問い合わせください:
Teppo Hemiä
CEO
phone +35850-561-0198
teppo.hemia@wirepas.com
Sebastian Linko
副社長
マーケティングとコミュニケーション
+35840-023-6607
sebastian.linko@wirepas.com
Tomi Teikko
Tieto Empathic Buildingのトップ
+358-405009400
tomi.j.teikko@tieto.com

原文はこちら: Tieto Empathic Building Relies on Wirepas Mesh Connectivity