【動画】製造業におけるIoTの影響

製造業のリーダーの77%がIoTビジネスの将来を考えています。ここではその理由を紹介します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

2019年までに、製造業界は、モノのインターネット(IoT)技術の採用を強化します。

IoTは品質とワークフローの効果を改善することで製造の強化をします。
では、現在、モノのインターネット(IoT)はどのように使われているでしょうか?

Arubaが7~10人の経営者に調査を行った所、経営者の多くはモノのインターネット(IoT)はインターネットを通じて複数のセンサーを接続させるという認識があることがわかりました。

製造環境の中には、何千にも及ぶセンサーを使います。それぞれは温度を図るなど、様々な役割を持っています。

使用しているデバイスとセンサーを接続させる事で効率をさらに上げることが出来ます。
ですが、データは共通のプラットフォームで同じプログラミング言語を使っているわけではありません。

35%の企業は、IoTデータの有効な使い方ができていないという事が分かりました。
つまり、それらの企業では業務運営の改善ができていない事を意味します。

IoTを採用する最大の要因の1つは、運用リスクを削減できるということです。。

もし、データが安全でないのであれば、セキュリティ関連での作業中止期間が生じるというリスクが高くなります。そして、調査を行なった82%の工場でIoT関連でのトラブルが発生したこと過去があり、さらに92%の工場では、将来的にIoT関連でのトラブルの心配が多いという声があがっています。

これから分かることは、今現在はIoT以外でのセキュリティがベストだということです。

IoTデータは全てのビジネスシステムでリアルタイムに共有される必要があります。

もしこれが達成できれば、IoTにより製造の効率化を計ることが出来ます。

ワークフローを全体で連結させる事で生産性の向上に繋がります。
70%以上もの運営責任者達は、IoTを駆使することでビジネスの質を向上させる事が出来ると信じています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:【IoTおすすめ本】IoTが拓く次世代農業-アグリカルチャー4.0の時代-