エレクトロニクス業界はますますコラボレーティブロボットを利用して生産性を高めます

Rotink RoboticsのコボットSawyerは、回路基板テスト、品質管理などの面倒な作業に取り組み、人間はもっと複雑な仕事ができるようにします。
Rethink Roboticsは、製造業界向けのコラボレーティブロボットの開発のパイオニアでありリーダーであり、有力なエレクトロニクスメーカーによるコボットの採用が顕著になっています。ますます、企業は生産性を高め、従業員の単純な繰り返し作業を軽減するためにRethink RoboticsのSawyer™を採用しています。

Sawyerはインテリジェントなフォースコントロールを特徴としており、電子部品、壊れやすい部品、高品質のアクセサリを取り扱う際の正確かつ適切な力の使用を可能にします。例えば、Sawyerを使用して、高感度の回路基板を組み立てることができます。また、回路基板の品質管理の分野でも使用できます。回路基板のテストは、単純で時間のかかるプロセスです。より複雑な生産工程に従業員が必要な場合は、ボトルネックが迅速に発生する可能性があります。
パッケージングおよび電子製造コンポーネントのリーディングサプライヤであるASM Assembly Systems(ASM)は、ドイツミュンヘン工場でSawyerを立ち上げました。ASMは、熟練労働者を単調な仕事から解放し、労働の価値を最大限に引き出すという目標を定めています。同社は生産設備にRethink RoboticsのSawyerロボットを使用して、回路基板をテストアダプタに挿入し、欠陥をチェックし、テスト結果に従ってボードをソートします。このようにして、ロボットは単調なテスト手順を実行しながら、従業員はより複雑なタスクに専念することができます。

多くのエレクトロニクス企業では、従業員のすぐ近くでコラボレーティブなロボットソリューションを使用しています。したがって、適切な安全基準が特に重要です。SawyerのTÜV認証と統合された応答力管理システムにより、人間の従業員とロボットの安全な連携が可能になります。

「Rothink Roboticsは、Sawyerを使用して、結果重視の方法で、必要な適応性を備えた製造プロセスの自動化を進めることができる、スマートで安全で簡単なソリューションを提供します」

と、Rethink Roboticsの欧州ビジネスディレクター、Darius Wilkeは語っています。

「デジタル・ファクトリーがすでに実現しているASMのような企業も、Sawyerを使用して生産データとパフォーマンス・データをキャプチャして視覚化し、生産ITおよびデータ分析システムに直接供給することができます。」

詳細は、rethinkrobotics.comをご覧ください。

Rethink Roboticsについて

Rethink Roboticsは、これまでの90%の作業を従来の自動化の範囲を超えて自動化できるスマートなコラボレーションロボットを使用して、製造の仕方を変えています。Interaソフトウェアプラットフォームを搭載したBaxter®およびSawyerロボットは、実世界の変動に適応し、アプリケーションを迅速に変更し、人々のようなタスクを実行することができます。その結果、すべての形状、サイズ、および産業のメーカーは、柔軟性を高め、コストを削減し、革新を加速するために必要な、導入が容易で、使いやすく多用途な自動化ソリューションを手に入れました。
ボストンに本拠を置くRethink製品スイートは、アジア、ヨーロッパ、北米で販売されています。同社はBezos Expeditions、CRV、Highland Capital Partners、Sigma Partners、DFJ、GE Ventures、Goldman Sachsの資金提供を受けています。Rethink Roboticsの詳細については、http://www.rethinkrobotics.comをご覧になり、Twitter @RethinkRoboticsをご覧ください。

連絡先:
Rethink Roboticsのコーポレートインフォメーション
rethinkrobotics@corporateink.com
617-969-9192

原文はこちら: Electronics industry increasingly relies on collaborative robots to boost productivity