【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|3月6日火曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

IoTハッキング - 再度スマートホームに侵入する

IoTに関するサイバーセキュリティの脅威はまだまだ存在します。ハッカーはデバイスのみならずネットワークにも脅威をもたらします。
今回私たちは家庭に設置されたセンサーなどをコントロールするスマートハブを調査対象としました。まず明らかになったことは、ハブのファームウェアはパブリックに開かれており、誰でもサブスクリプションの手続きをとることなくダウンロードできることです。その後≪ルート≫パスワードを探ったり、≪ルート≫ライトを取得したりすることにも成功しました。
ハブのコントロールには、モバイルアプリを使用し固有のコンフィギュレーションを設定しますが、このファイルはHTTPを介して送信されるため、まったく安全とは言えません。
又、ユーザーが危険に気づかないまま、ハブのレビューをオンラインにアップしたり、ハブの映像をSNSにアップしたりしてハッカーからのアタックの脅威を増加させることもあります。
パスワードの変更をこまめに行ったりすることで、ハッカーからの脅威に備えなければなりません。

話題の元記事はこちら: IoT hack: how to break a smart home…again

IoTセキュリティの脅威からどう身を守るか

政治家や専門家は折に触れ、サイバーアタックの脅威を語りますが、IoTに関して語ることはめったにありません。IoTが実際のセキュリティシステムやAIなどに深く関わっている以上、企業や消費者はセキュリティの脅威にさらされています。
調査によればアメリカでIoTを利用している企業の半数が機密保護違反の打撃を受けました。
IoTといえばAmazon Alexa、Google Home、装着可能デバイスなどが話題に上りますが、実際のところIoTの大半は産業レベルで活用されています。
企業のIoTへのアタックへの脅威から身を守るために組織は、IoTデバイスをスタンダードに準じたハブからデプロイしたり、アプリやワークステーションのみならず、IoTにもアクセスマネジメントを提供するなどの注意を払う必要があります。

話題の元記事はこちら: How to Shield Against IoT Security Threats

IoTデバイスのネットワーキングにどう対応するか

IoTデバイスのネットワーキングに関しては、現状企業のネットワークに接続されている、一般的なPCやタブレット、スマホなどとは趣を異にするため、ITマネジャーが頭を痛めるところです。
IoTネットワークには、多くのデバイスを接続し、高い信頼性があり、フローを確保し、デバイスレベルでの監視と管理、大量のデバイスを安価に接続すること、などが必要とされます。
又、IoTネットワークはネットワークのエッジ近くでの解析やビジネスインテリジェンスの
配信が必要となります。更にIoTネットワークを設計する際には、デバイスが固定かモバイル式か、デバイスレベルで必要とされるセキュリティレベルなども考慮する必要があります。IoTのコネクティビティ・テクノロジーに関しては、Bluetoothにするのか、WiFiを利用するのか4Gを選ぶのかなどの選択も必要となります。

話題の元記事はこちら: How to deal with networking IoT devices

Python上で3Dプリンターを構築する方法

この記事では、PythonとRaspberry Piを利用して3Dプリンター(CNCコントローラー)を構築する方法を紹介します。
CNCマシンコントローラーは、典型的にC又はC++プログラミング言語を使い、OSレス又はリアルタイムのオペレーティングシステム上でシンプルなマイクロコントローラーと共に実行されます。モダンARMボード、Raspberry Piと共に高度言語Pythonを使用します。
これを実証することで、他のカッティングエッジテクノロジーやソリューション、インフラなどをプロジェクトデベロッパーフレンドリーにすることがわかっていただけるでしょう。
このプロジェクトはチップハードウェアモジュール上のダイレクトメモリーアクセス(DMA)を使用します。
3Dプリンターが組み立てられたら、そのソースコードをRaspberry Piにコピーすることで、これを起動することができます。

話題の元記事はこちら: How to Build a 3D Printer in Python – DZone IoT

洪水警戒システムと産業用IoTセンサーを使って、どのように水位を監視するか

水位を監視するには、ウルトラソニックレベルセンサー、圧力変換器、レーダーレベルセンサーなどがあります。
効果的な洪水警戒システムおよび他の水位監視システムは複数のIoTセンサーテクノロジーを統合を必要とします。
アメリカの東海岸のスマートシティは産業用IoTセンサーを使った洪水警戒システムを採用しています。特にウルトラソニックとレーダーレベルセンサーが一般的に使われています。
ウルトラソニックセンサーは、音波を水面又は測定液に向けて発信することで水位を測定し、レーダーレベルセンサーは機器の上に位置する水の圧力及び体積を測ることで水位を測定します。

話題の元記事はこちら: How To Monitor Water Levels with Flood Warning Systems and Industrial IoT Sensors | IoT For All