北京で開催された中国国際ビッグデータ産業博覧会2018の記者会見

Guizhouで開催される中国国際ビッグデータ産業博覧会2018は、2月28日に北京で開催される記者会見で正式に発表されました。 実体経済と日常生活におけるデータセキュリティ、IOT(Internet of Things)、貧困緩和、およびビッグデータの適用は、貴州省貴陽市で5月26~29日に開催される2018年エキスポのテーマです。これは、貴陽で開催される4番目の大きなデータの博覧会です。

この展示会では、人工知能、データセキュリティ、IoT、経済の共有、貧困緩和をテーマにした5つのテーマ別対話を開催します。
専門フォーラムでは、デジタル化された経済発展、ビッグデータ、ブロックチェーン、ビッグデータのセキュリティ、ビッグデータと人々の生活の融合について取り上げます。

また、博覧会では、中国の電子商取引開発サミットになります。これは、電子商取引のガバナンス、グローバリゼーション、電子商取引と他の産業との統合、国境を越えた取引を対象としています。電子商取引企業や市民団体のリーダーは、セクターに関する新たな合意に達するための対話を行うことが期待されています。

Apple、Intel、Oracle、Dell、China Unicom、China Telecom、Alibaba、Tencent、Huawei、internet security firm 360、および大手音声認識会社iFlytekが参加します。

イベントは、国家発展改革委員会(NDRC)、産業情報技術省(MIIT)、中国のサイバースペース管理、貴州省人民政府が主催しています。400社が参加し、訪問者はスーパーコンピューティング、5Gテクノロジー、ブロックチェーン4.0、AR、VRのデモンストレーションと、大規模データの100以上の利用事例、貴州の大きなデータインストールのツアーが期待できます。

原文はこちら: Press Conference of China International Big Data Industry Expo 2018 Held in Beijing

関連記事はこちら:【動画】ユニバーサルロボットとSickはIndustry 4.0の最前線でソリューションを提供