【動画】Industry 4.0においてのOracle IoT生産モニタリングクラウド

Oracleは、Industry 4.0によって産業界に、サプライチェーンIoTおよびクラウドアプリケーションの革命を起こします。IoTクラウドで問題があった場合、Oracleは最良の解決策を提案します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Industry 4.0、第4次産業革命が起こります。
機械は自己構成を行い、製品は効率的に生産出来るようになりました。

Industry 4.0 を成功させる為には、計算に優れたIoTプラットフォームとセンサーが必要になります。

ビッグデータ解析やアルゴリズム、マシンビジョン技術はリアルタイムでのインサイトを確立します。

拡張現実インターフェイスやモバイルデバイスなどを使ってリアルタイムに物理的なものと接続することが可能です。

Oracle IoT production cloudによって工場がIndustry 4.0との接続が達成できるように支援します。

一人のマネージャーが複数の工場の管理、運営している事を想像してみて下さい。

Oracle digital twinでは、物理的な機械をデジタル化する事で、物理的、デジタルと2つの側面を同時に目で見ることが可能です。

Oracle IoT production monitoring cloudは全ての工場の生産や状況などを確認する事が出来ます。

主要な運用指標が表示されるので、リアルタイムの工場のステータス、生産量、機械の状況などのチェックが行えます。
この機能によって、特定の工場を他の工場と比ることもできます。

Historical view(過去の履歴)では、工場のパフォーマンスの変化によって新しい問題が発生していないかを見極めることが出来ます。

工場のマネージャーは、生産性の悪い工場において、何が問題かを診断する事が出来ます。

Product viewでは、リアルタイムセンサーデータを使い、機械の不具合を確認出来ます。

Oracle IoT production monitoring cloudは機械の異常を察知し、故障の予測をする事が出来ます。

知識ベースの診断コードでは、人工知能アルゴリズムを使い、最も可能性の高い機械の故障要因を見つける事が出来ます。

このような要因を解決する為に、IoTクラウドが最良の解決策を提案してくれます。
メンテナンスの手順は自動で作られ、OracleのIoTアルゴリズムにより計画外の作業中止期間を大幅に減らすことが出来ます。

さらにOracle IoTモバイルアプリケーションによって拡張現実で確認できます。

Oracle IoT生産モニタリングクラウドでは、異常を察知する事で、メンテナンスをいつするかのスケジュールもしてくれます。

さらに、解析機能により工場の非効率が減ることで生産性の向上に繋がります。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:
今更聞けないIndustry 4.0(インダストリー4.0)うまく説明できますか?
【IoT用語集】TBM(Time Based Maintenance)とは?