【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|3月1日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

CMO(最高顧客市場分析調査責任者)がIoTに関して知っておくべきこと

IDCによる全正解規模の半期IoT支出調査によれば、2020年までにIoT関連の支出は1兆ドルを超えることが予測されています。そのうちのほとんどが、製造、輸送及びユーティリティ業界での支出です。消費者のIoT関連商品への出費は2018年に62億ドルに達する見込みです。
このような現状で、CMOとしてまず最初にするべきことは、CEO、CTOやCIOと話す機会を持ち、自分の会社のIoTに関する認識と戦略を理解することです。
次にソーシャルメディアを使って、この分野のオピニオンリーダーをフォローし、IoTに関するグループに参加して意見交換を行います。
常に調査を欠かさず、白書や報告書などに目を通しておくことも重要です。

話題の元記事はこちら: What CMOs Need To Know About The Internet Of Things

IoTチェーンとは何か?

多くの人がブロックチェーンはIoT業界にとってなくてはならないものだと語ります。IoTチェーンは、そのような中でライトなオペレーティングシステムを開発する取り組みです。
開発チームはIoTを安全な環境にすることに焦点を置いています。この新しいOSはブロックチェーンテクノロジーを統合することで、セキュリティやデータコントロール、安定性などの問題を解決することを目指しています。
ブロックチェーンの第一の利点は分散化されたサーバー・ソリューションによる、コストの軽減と安全性の確保です。又、IoTチェーンチームはエネルギー効率にも重点を置いています。IoTチェーンはまた、現在市場に出ている多くのIoTデバイスとも互換性があります。
IoTチェーンチームは2018年中にテストを完了し、市場に打って出る準備をしています。

話題の元記事はこちら: What Is IoT Chain?

どの業界がIoTから最も利益を得るか

テレビ番組のスタートレックで描かれていた世界が、今では現実のものとなっています。
現実の世界で、IoTの恩恵を受けているのは以下の業界です。

  1. トランスポーテーション
    今では、主要自動車保険会社は、保険購入時にIoTデバイスを取り付けることに合意した契約者にディスカウントを提供したりしています。自動運転なども話題に上りますが、目的地により早くたどり着けるようなルート案内などはかなり重宝されています。ドローンによるデリバリーサービスなども魅力的です。
  2. ヘルスケア
    患者と医療機関の双方にとってIoTは最も利益をもたらすものです。 装着可能なデバイスを利用した血圧や心拍数測定の結果がリアルタイムで医療機関に送信されたり、患者本人に症状を通知したりします。又、Fitbitなどを利用して効率的にフィットネスレベルを管理することもできます。
    ロボットによる手術補助なども実現に向けた研究がすすめられています。
  3. 小売業界
    リモートコントロールが可能な家電製品(照明やエアコンなど)や、IoTタグによる在庫管理、顧客の購買動向に基づくマーケティングなど
  4. 都市
    IoTを利用した街灯管理、交通量管理、ユーティリティメーターなど

話題の元記事はこちら: What Industries Will Benefit the Most from IoT

IoTデータが効果的に収集されていることを保証する方法

IoT市場は2020年までに1兆ドル市場となることが予測されていますが、IoTのパフォーマンス、セキュリティおよび将来の変化への対応は、大きな課題となっています。IoTはまだ黎明期ですが、利用者はIoTに成熟した機能を期待しています。
IoTを正しく機能させ、効果的なデータ収集を行うために、企業は以下の事に注意を払う必要があります。

  • ハイブリッド環境の管理
  • レガシーシステムへの継続した接続
  • リアルタイムデータ
  • データセキュリティ

IoTを支えているインフラが、新たなニーズに対応できることを確証できることが大切です。

話題の元記事はこちら: What you need to do to ensure IoT data is collected effectively | IDG Connect

IoTがスマートファクトリーに意味するもの

IoTが現在行っていることの内で最大の功績は、製造業の再構築です。
ドイツではメルケル首相が、製造業とオンラインを結びつける、インダストリー4.0を宣言しました。スマートファクトリー/インダストリー4.0がここにあります。スマートファクトリーは、より効率的な作業のために、テクノロジーを活かして、機械と人、サプライヤーと顧客を結びつけます。この仕組みは、第4の産業革命と呼ばれています。
従来の機械だけに頼った製造業と比べた、スマートファクトリーの利点は:

  • フレキシブルな対応で無駄を減らし、製造時間が短縮され、環境への影響を抑える
  • 性能の向上とコストの軽減
  • 競争力の維持

などがあげられます。

話題の元記事はこちら: What does IoT mean for the smart factory?