【動画】Senteraの作物偵察ソリューション

Senteraは、精密な作物偵察を行うために必要なものすべてを提供しています。センサーを取り付けたドローンを活用して、データの分析を行うことで、正確な情報収集と植物の健康を保ち、農家の人の負担を減らすことができます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Senteraのリアルタイムプラントヘルスソリューション(plant health solution)&作物偵察ツールは、世界中の農学者や農家の人達の間で幅広く使われています。

Sentera NDVI Crop health センサーはほぼ全てのドローンのプラットフォームと互換性があり、DJI Phantom 4 Pro、Mavic、Inspire、Sentera Omniなどが含まれています。

ドローンにSenteraのセンサーを取り付けることで簡単にAG valut webやその他のソフトウェア上でのデータ解析が行えます。

自動フライトアプリではドローンが自立飛行、データの収集、オフラインでのデータ確認が出来ます。

システムはデータ収集を含み50秒の間に完了します。
まず最初に、ドローンにNDVIセンサーを取り付け、人間では気づかないような見えないものまでをセンサーによって発見します。

次に、AG VaultアプリをiOSデバイス上で開きます。フライトエリアをハイライトしてフライトコースの設定をします。

次に、スタートボタンを押します。そうすると、ドローンは自動でフライトを始め、畑の写真などを撮り始めます。フライト中に、ドローンのバッテリー残量が少なくなると、自動で充電に戻ることも可能です。

NDVIセンサーはRGP、NIR画像を撮影します。このNIRデータこそ人によって直接チェックするデータとなります。

ドローンが戻ってきたらSDカードを抜き出し、パソコンに入れます。SDカードに記憶されているデータは、AG Valutソフトウェアによって見ることが出来ます。

AG Valutはとても高速で駆動します。150枚以上のイメージを30秒以内にアップロードする事が可能です。

AG Valutデータを使い植物の健康データと照らし合わせます。AG Valutはドローンの飛行後、インターネット接続を必要としないで直ちに植物の健康をチェックする事が出来ます。

Senteraのソリューションでは正確な情報が素早く見ることが出来ます。過去の履歴から情報の解析を行うことも可能です。

さらに、AG Vaultのデータはは全ての農業プラットフォームで扱うことが出来ます。

写真を携帯で撮ると、Wi-Fi接続時に自動でAG Valutアカウントと同期してくれるので便利です。

Senteraのソリューションは作物の育成、収穫時にもってこいです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方