【動画】Eclipse IoT Asset Trackingのテスト – Red Hat Summit 2017でのライブデモ

Red Hat Summit 2017では、資源監視用のEclipse IoT Open Testbedを発表しました。この短いビデオをチェックして、あなたのビジネスに必要かどうかを確認してみてください。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

今、Red Hat Summitにいて、Benjaminはこれから新しい新製品の紹介をします。

新しい製品は、エンドツーエンドIoTで、資源の追跡をする事が出来るものを紹介します。

ここには、小包があります。小包はとても高価で繊細な荷物の為、温度や湿度、振動などを監視しておく必要があります。

ではどのように監視するでしょうか?
それは、物理的な情報をモニターする事から始まります。モニターでは、低電力で駆動するBluetoothセンサーを使用し、小包に装着しておきます。

そして、一日の最後に、収集したデータにアクセスする際には、Samsung ARTIKデバイスを使用します。

これはARMベースでLinux、Fedora、JVMなどで駆動する事が出来ます。基盤となっているのはEclipse Kuraです。

これらがオープンソースのソフトウェアで、IoTアプリケーションの基盤となっています。

ソフトウェアはBluetooth API Kuraにアクセスする事ができ、センサーをクラウド上に送信します。

クラウドには何があるのでしょうか?
クラウドにはEclipse Kapuaがあり、Google Cloudでは、基本的に規模の拡大に対応出来るクラウドインフラを構築するためにOpenShiftを実行しています。

クラウド上には全てのIoTアプリケーションの必要なものが揃っています。データの保管やデバイスの管理、記録など、Kapuaにデータが送られると、データは全てElasticSearchに保管されます。

そして、それぞれの人はその人専用のアプリケーションを構築する事が出来ます。

例えば、アプリケーションはウェブダッシュボードになったりする事も出来ます。

あなたが一番使いやすい枠組みでデータの管理をする事が出来ます。
温度の上昇など、小包に何が起こっているかリアルタイムでモニタリングする事が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
半導体ファクトリオートメーション業界の原動力に焦点を置き、今話題のツールやソフトウェアを分析 世界のIoTに関するレポート公開中