【動画】IoTの成功事例

Semiosは精密農業プラットフォームで、農業で育てている作物の質を確保する事が出来ます。リモートカメラを設置する事によって余分な人件費の削減にも繋がり、農家の人々がより収益を得ることを可能にしました。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Michael GilbertはSemiosの創立者、そしてCEOです。

Semiosは精密農業プラットフォームです。精密農業とは、農場のデータ収集を行うことで、農場で何が起こっているかを把握します。

果物やナッツ類など、精密に扱わなければならない作物にこのプラットフォームは適しています。

今現在、ほとんどの農家の人達は虫に対しての対策を人を雇って歩き回ってチェックしています。

ですが、問題が起こるのがいつ、どこで起こるのか正確な情報が必要となります。虫が作物を駄目にしているのか、作物の病気なのかなどを把握しておく事で問題が解決されるので重要な事です。

作物に直接リモートカメラを設置する事により、虫の被害がいつ起こっているのかを把握する事ができ、人を余分に雇う必要がなくなるので、Semiosのシステムは人件費の削減をする事が出来ます。

「自動化」は農業を営む人にとって新しい農業の仕方を提案します。

以前は、殺虫剤を数週間に一回作物に撒いていましたが、今は異性誘引ホルモン(フェロモン)をコントロールすることで、虫を作物に近づけないようにしたり、作物同士の受粉のタイミングの管理もできるので、とても費用対効果が高いです。

Semiosはこのシステムを2年間導入から観察してきました。最初は虫に対しての監視や管理をしてきましたが、今は農業の人が積極的にSemiosが解決できそうな問題を教えてくれるので霜制御、灌漑、および疫病管理までもSemiosが行うことになりました。

Jasperのプラットフォームはビジネスモデルとして使うことが出来ます。
Jasperは世界中の様々な企業と提携を結び、コントロールセンターをつくりあげています。
リモートモニターでの管理に特化しているので、農業においては特に効果的です。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中